ここから本文です

いつ返納する? 社会問題化した「高齢者の免許」返納を望む声が約4割も

5/21(火) 11:34配信

くるまのニュース

およそ7割がいずれ免許を「返納するつもり」

 今回、このアンケートを実施した旅行サイト「エアトリ」は、あわせて「免許の返納について考えたことはありますか?」という回答者自身の対応に関する調査もおこないました。その結果、64.7%が「いつかは返納するつもり」と回答し、「返納済み」(3.3%)と合わせると実に68.0%の人が返納に対して前向きであることが分かりました。

 すでに返納済みの回答者は、返納した理由について次のようにいいます。

「視力が衰えたことと、数年前からペーパードライバーで運転能力が衰えていると自覚したので、返納しました。返納してもIDはもらえるので、生活に支障はありません」(60代男性)

「今77歳ですが、70歳になった時にとくに必要性を感じなくなりました。どうしてもクルマで、ということになった場合は、お金を惜しむことなくタクシーを使うことと決めました」(70代男性)

「高齢者の事故が多く、社会に迷惑が掛かると判断しました」(70代男性)

 一方、「返納するつもりはない」と回答した人も8.8%存在しています。また「考えたことがない」(19.0%)、「迷い中」(4.2%)という回答もありました。

 ちなみに、「いつかは返納するつもり」と回答した人に行った「免許の返納を何歳くらいで行おうと思っていますか?」という質問では、最も多かった回答が「75歳」(32.7%)で、続いて「80歳」(26.0%)、「70歳」(21.9%)という結果となっています。

 今後は、より運転免許の返納に関する議論が盛んになると予想されます。

くるまのニュース編集部

2/2ページ

最終更新:5/21(火) 11:58
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ