ここから本文です

世界限定750台! トライアンフのファクトリーカスタム2019年新型「ROCKET III TFC」とは?

5/21(火) 19:00配信

バイクのニュース

圧倒的な存在感と、高級感漂う姿にウットリ?

 2019年1月に発表されたTFC(トライアンフ・ファクトリー・カスタム)シリーズから、先に登場した「Thruxton TFC」につづく第2弾「Rocket III TFC」が登場しました。

トライアンフ新型「Rocket III TFC」の画像を見る(11枚)

 2004年に発売された初代「Rocket III(ロケット・スリー)」は、量産バイクとしては最大排気量となる2500cc直列3気筒エンジンを搭載し、大型クルーザーながら規格外の圧倒的なパフォーマンスでバイクファンの注目を集めたモデルです。

 マッスルボディで怒涛の加速力を発揮する「Rocket III」に、トライアンフのエンジニアリングチームによるデザインとハンドクラフトのカスタマイズが施され、世界限定750台、シリアルナンバー付きの限定仕様車両「Rocket III TFC」としてTFCシリーズに加わりました。

 もともとマッチョなスタイリングは車体すべてにカスタマイズの手が加えられ、とくに車体後半部分、現代風のすっきりとしたデザインが特徴となっています。

 また各所に配されたカーボン製のパーツは、実際に前モデル比でマイナス40kg超という軽量感をアピールしています。

 スタイリングだけでなく、ブレーキにはBrembo製、Showa製サスペンションユニット、専用設計のArrowサイレンサーなど信頼性の高いメーカーを採用し、メーターにはフルカラーTFTディスプレイ、ABSやトラクションコントロール、4つの走行モード切替など最新の電子デバイスを搭載しています。

 発売予定は2019年冬頃、価格(税込)は325万円です。

バイクのニュース編集部

最終更新:5/21(火) 19:10
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事