ここから本文です

女性目線でオススメ中古車を紹介! 都市部と地方で異なる地域性や購入時のポイントとは

5/21(火) 14:40配信

くるまのニュース

東京では家族全員が乗れる5ナンバーのミニバンが女性に人気

 近年は、クルマの性能が格段に向上し、中古市場で流通しているクルマでも最新モデル同等のモデルが増えています。

要チェック! 中古車購入時に気をつけたいポイントを画像で見る(15枚)

 また、女性の自動車免許保有率も増加の一途をたどっています。今回は、中古車のなかで狙い目なモデルや女性にオススメのモデルを、都市部と地方の中古車販売店スタッフの視点から紹介していきます。
 
 クルマ選びは、もっぱら男性の視点に偏りがちなイメージがありますが、昨今では女性向けのかわいらしいデザインや、女性に嬉しい装備を備えたクルマなども増えています。

 たくさんの選択肢のなかから選ぶのは至難の業のため、プロの目から見た車選びのコツやポイントを中古車のプロに聞きました。

 最初に都市部の一例として、東京都町田市にある「DISガレージ」の大内真紀さんは、人気のクルマについて「セレナ、ヴォクシー、ノアなどの5ナンバーサイズのミニバンの人気が高いです」といいます。

 東京などでは、コンパクトな軽自動車が好まれると思いきや、町田辺りは5人以上の家族構成の家庭が多い土地柄ゆえ、全員で乗れるサイズ感が人気のようです。

 女性がクルマ選びで重視するポイントについて、大内さんは次のように説明します。

「クルマの購入時における優先順位は、1.価格、2.維持費、3.使い勝手の順番で、さらにデザインより価格面を重要視する傾向にあります」

 また、地方は駐車場に困らないため1人1台ですが、都会では公共交通機関の利便性が良いため、クルマは単に移動手段の一つであると捉え、あまりお金をかけたくないのかもしれません。

 とくに、ママ世代はシビアで、見た目より経済性、乗車定員、室内の広さというコストパフォーマンスが高そうなクルマを選ぶ傾向にあるようです。

※ ※ ※

 ただし、独身女性はクルマを自己所有しようとしないけれども、必要に迫られて購入する際には、見た目のかわいさや室内の広さで選ぶ傾向があり、シニア世代では見た目と高級感のある輸入コンパクトカーを好むと大内さんはいいます。

 そのなかで、女性におすすめのクルマについて大内さんは次のように話します。

「独身女性にはスズキ・ハスラーやダイハツ・ムーヴキャンバス、ミラ ココアなど、見た目のかわいさに加えて、結婚で手放す際にも値落ち幅が少なくてオススメです。

 ママ世代には、経済的で使い勝手も良く、5ナンバーで運転もしやすいトヨタ・ノアやヴォクシー、日産・セレナなどハイブリッド仕様のミニバンが良いかもしれません。

 シニア世代では、運転のしやすさを考えるとBMW・1シリーズ、見た目を考えるとアルファロメオ・ジュリエッタ。フィアット・500がオススメです」

※ ※ ※

 クルマ自体の選び方以外に重要な要素として、「自分に合う営業マンを探すことが最重要です。そこの店に希望の車種がなくても信頼できる営業マンを見つけることができれば希望のクルマを探してくれます。

 その際に希望は全て伝えて、その上で譲れない絶対条件と、妥協できる点も伝えると良いのではないでしょうか。当店も地域密着で出来る限り困っているお客様には即対応を心掛けています」(大内さん)

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 18:09
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事