ここから本文です

車の空調、“内気循環”は危険!? “外気導入”の方がイイという調査結果【JAF】

5/21(火) 17:14配信

オートックワン

車内の「内気循環」と「外気導入」についての検証結果を公開

JAFは2019年5月17日、車内の空調における「内気循環」と「外気導入」に関する検証結果を公開した。

■こんなに違う!? 内気循環と外気導入のCO2濃度の差をグラフで見る

今回の実験は車の空調を「内気循環」にするか「外気導入」にするかで悩むドライバーの声に応え、二酸化炭素(CO2)や一酸化炭素(CO)、酸素(O2)などの濃度を計測できる空気環境測定器を車内に設置してテストを実施した。

結果:できるだけ外気導入にし、内気循環では換気を

いくつかの研究報告によると、CO2の濃度が3000ppmを超えると疲労感や眠気、頭痛などを感じる人が増加するとされている。
今回のテスト結果では、内気循環による空調で最大6770ppmのCO2濃度が記録された。一方、外気導入での数値は1000ppm前後にとどまり、その差が明らかとなった。

3つの環境で車内CO2濃度を測定

テストでは車両を2台を用意し、それぞれに4人が乗車して実験を行った。
1台を「内気循環」に、もう1台を「外気導入」に設定して、高速道路、郊外・山道、市街地という3種の異なる環境をそれぞれ約1時間走行し、車内の環境について検証を行った。
また、あわせて花粉の量についても車内にプレパラートを置き、付着した花粉の量も調査した。

車両条件

■テスト車両として日産 セレナ2台を使用
■実験区間は都内の市街地、高速道路、郊外・山道
■テスト車両のエアコンフィルターは新品に交換
■エアコンは「オート」26度に設定
■窓をすべて閉め、乗降もなし

結果:内気循環のCO2濃度は外気導入の約5.5倍に!

■内気循環では眠気や軽い頭痛を感じる人も
外気導入でのCO2濃度はどの環境においてもおよそ1000ppm前後であったが、内気循環では市街地において最大で6770ppmの濃度を記録した。
一方、O2の濃度もCO2ほどの差は見られなかったが、内気循環の方が最大1%近く低下した。
また、乗車人員の中には、眠気や軽い頭痛を感じる人もいた。

走行環境別テスト結果

■市街地
市街地では、内気循環で走行した車のCO2の最大濃度が3つの走行環境の中でも最も高い6770ppmとなり、外気導入と比べて約5.5倍の数値となった。
■高速道路
高速道路では、内気循環で走行した車のCO2の濃度が最大で4520ppmとなった。
また外気導入で走行した車においては、トンネル内で走行していると、排ガスの影響もあり一時的にCO2やCOの数値が高くなることも確認された。
■郊外・山道
郊外・山道では、内気循環で走行した車のCO2の濃度が最大で4730ppmとなり、高速道路より高い数値となった。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 18:11
オートックワン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事