ここから本文です

ゆっくり優しくバケツを運んで 園児たちがヒラメの稚魚を放流 香川・観音寺市

5/21(火) 17:13配信

KSB瀬戸内海放送

 豊かな海を守るため、香川県観音寺市の保育園児たちが約3000匹のヒラメの稚魚を放流しました。

 香川県の「小型船安全協会」が海の資源を守ろうと行っているもので、観音寺市のくれよん保育園の4歳児と5歳児、29人が参加しました。

(記者)
「園児たちが、ヒラメの稚魚が入った小さなバケツを、小さな体でゆっくり優しく運んでいます」

 放流したのは生後4ヶ月、10センチほどのヒラメ約3000匹です。「大きくなってね」や「ばいばい」など、園児たちは沖に流れていくヒラメに声をかけていました。

(園児はー)
「(Q.流してみてどうだった?)楽しかった」
「(Q.どうなって帰ってきてほしい?)大きくなって帰ってきてほしい」

(香川県地区小型船安全協会/松本公継 会長)
「稚魚放流を含めてですね、子どもたちに、ちょっとでも海のことを知ってもらって身近に感じてもらいたい」

 放流後に園児たちはごみ拾いもして、砂浜をきれいにするお手伝いをしました。

最終更新:5/21(火) 18:40
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事