ここから本文です

おかやまマラソン フル一般枠に2万8390人応募 定員の2.2倍、過去最多更新

5/21(火) 12:55配信

山陽新聞デジタル

 11月10日に岡山市内で開かれる「おかやまマラソン2019」の実行委員会は21日、最終的なエントリー状況を発表した。フルマラソン一般枠(定員1万3千人)は定員の約2・2倍に当たる2万8390人となり、過去最多を更新した。

 一般枠は4月18日~5月20日にインターネットの専用サイトなどで募集した。先行して募った県民優先枠(同2千人)の抽選で漏れた1万668人を加えて集計した結果、これまでで最も多かった前回を2168人上回った。

 5・6キロのファンラン(同1400人)は、前回より294人減の4095人。フルの県民優先枠と一般枠、ファンランを合わせた応募総数は3万4485人で、昨年より1874人増えて過去最多となった。

 実行委事務局は「回を重ねるごとに知名度も高まっている。ファンランが減ったのは、フルに挑戦する人が増えているためではないか」としている。ファンランを含めた一般枠の抽選結果は6月18日に通知する予定。

最終更新:5/21(火) 16:25
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事