ここから本文です

風邪の予防で薬を飲むのは、アリ?ナシ? 医師が回答

5/21(火) 0:03配信

ニッポン放送

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(4月24日放送)で、風邪薬の飲み方について医師が解説した。

リスナーから寄せられたメール「風邪の予防で、薬を飲むのっていいの?」に対し、医師が回答した。

風邪の原因はウィルス感染で、多数のウィルスが風邪を引き起こします。現時点で、これらのウィルスを退治する薬は発売されていません。つまり風邪の原因のウィルスをやっつける薬はないのです。

では、今使われている風邪薬にはどのような効果があるのでしょうか。原因のウィルスを殺せないのに、内服する意味はあるのでしょうか。風邪薬の効果は風邪の症状を軽減することにあります。風邪薬は熱を下げ、咳を止め、鼻汁を抑えて、喉の違和感を和らげてくれます。

でも原因のウィルスに対しての効果は何もありません。風邪のウィルスを退治して風邪を治すのは、私達が元々持っている免疫力によってです。薬の力ではありません。薬は自分の免疫が風邪を治してくれている期間中、辛くないように症状を和らげてくれているだけです。

なので、風邪になる前、症状がでる前に、風邪薬をのむことは全く意味がありません。

ニッポン放送

最終更新:5/21(火) 0:03
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事