ここから本文です

立ちっぱなしのライブで脚が痛い原因は? 医師が回答

5/21(火) 0:03配信

ニッポン放送

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4(5月8日放送)」で、「立ち姿勢のときの足の痛み」について医師が解説した。

リスナーから寄せられたメール『スタンディングのコンサートがつらくなってきた。特にかかとが痛い。立ち方が悪いんですか?』に対して、医師が回答した。

長い時間、立ち過ぎかもしれませんね。ジャンプして着地するというような動作をくりかえして、オーバーユースになっているのかもしれません。

また、最近体重が増えたということはないでしょうか。5キロほどの増加でも足腰の痛みは出やすくなります。そうだと減量が必要ですが、ジョギングなどするとますます踵は痛くなりますから、運動の方法を考えなくていけません。エアロバイクや水中運動が良いでしょう。でも水泳のターンの時、踵で壁を蹴ってはいけません。

踵の痛みの場所によって原因が違います。足の裏の踵が痛い場合には、足底腱膜炎(ソクテイケンマクエン)あるいは足底腱膜付着部炎(ソクテイケンマクフチャクブエン)を疑います。

対策として手っ取り早いのは、スポーツシューズを履くことです。インソールに縦アーチがあり、踵にクッションのはいったものが良いでしょう。

ニッポン放送

最終更新:5/21(火) 0:03
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事