ここから本文です

「リズムが意味を上回る瞬間がある」サカナクション山口が語る、作詞の葛藤

5/21(火) 21:50配信

TOKYO FM+

音楽プロデューサー・松任谷正隆が、さまざまな分野のゲストを迎えて新たな魅力に迫るTOKYO FMの番組「JINS presents 松任谷正隆の…ちょっと変なこと聞いてもいいですか?」。4月19日(金)・26日(金)は、サカナクションの山口一郎さんをゲストに迎えてお届けしました。

【写真を見る】サカナクション山口、歌詞は「出した瞬間に古くなる」

◆小学生で書いた《愛と偽り》

松任谷:初めてオリジナルの曲を作ったのはいつ?

山口:小学5年生ですね。「青い空」っていう曲です。

松任谷:俺も小学生だった。5年か、6年。曲は「馬」(笑)。歌詞はどういうのを?

山口:《この青い空に~映し出された君を見て~》。

松任谷:すごいね。小学生で《君》なんだ。

山口:その次に作ったのが「手紙」。《愛と偽りはいつも紙一重だけど》っていう歌詞で。

松任谷:なんてませてるの。

山口:何でそうなったのかな。でも僕、フォークだったので。どこか、演歌調と童謡が混ざってたと思うんですよね。

松任谷:《君》っていうのは、誰に向けたの?

山口:いや、誰にも向けてないですね。僕、初めてカバーしたのが、イルカさんの「なごり雪」だったんですよ。あとは吉田拓郎さんの「結婚しようよ」とか。

松任谷:両方とも俺がやってるよ。

山口:そうですよね。そういう曲をコピーして、そこでコードを覚えて、メロディーと言葉の関係性やリズムをなんとなく感じて、真似をしてたっていうか。好きだと思ったものを自分が作ると、どうなるのかっていう。

松任谷:真似にしては立派だよね。

◆小4&今の“グッとくるメロディー”

松任谷:最初にグッときたメロディーは覚えてる?

山口:The Beatlesの「A Hard Day's Night」ですね。こんなにすごいメロディーがあるなんて、みたいな。

松任谷:どこに? 頭のところ?

山口:そうですね。ジャーン!から《It's been a hard day's night~♪》って。小学4年生のときでした。僕、最近、ハマってるものがあって。相撲が始まるときの太鼓わかります? 「パンパンパパパ...(メロディーを口ずさむ)」。

松任谷:俺には「テンテン」って聞こえる。

山口:あれ、跳ね太鼓っていうんですけど、改めて聞いてもらいたいんです。たぶん、ヨーロッパのダンスミュージックのトラックメイカーが聞いたら「やばい」って言うと思う。太鼓の音しかないんですが、踊れて、かつ、裏切られるんですよ、つねに。「裏切られてるけど気持ちいい」瞬間っていうのが、音楽のなかで最も幸せな時間だと思うんですね。究極の隙間。

松任谷:サカナクションも、俺は“余白の美学”だと思ってるよ、ずっと。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 21:50
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事