ここから本文です

裁判員裁判導入から10年 性犯罪厳罰化と辞退率増加

5/21(火) 20:42配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

裁判員制度が始まってから21日で10年。

これまでに9万人以上が裁判員を経験しているが、辞退率が増加するなど課題も指摘されている。

裁判員経験者は、「法律的な知識がなくても、何を言われているか、どういったもので進めていくのかわかりながら進めていけた」と述べた。

東京都内で開かれたシンポジウムでは、制度導入後、性犯罪などの事件では厳罰化の傾向にあり、市民感覚が反映されていると評価された。

一方で、裁判員の辞退率は徐々に増加していて、2019年は3月までで68.4%に上るなど、全国的な課題となっている。

FNN

最終更新:5/21(火) 20:42
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事