ここから本文です

日産自動車が年初来安値を更新! 日経平均株価は続伸

5/21(火) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は続伸、売買代金は約1カ月ぶりの2兆円割れ

2019年5月20日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 21,301円(+51円、+0.2%) 続伸
 ・TOPIX 1,554.9(+0.6、+0.04%) わずかに続伸
 ・東証マザーズ株価指数 880.7(▲10.1、▲1.1%) 反落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:855、値下がり銘柄数:1,203、変わらず:82
 ・値上がり業種数:21、値下がり業種数:12
 ・年初来高値更新銘柄数:87、年初来安値更新銘柄数:89
東証1部の出来高は11億7,824万株、売買代金は1兆9,846億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。朝方に1-3月期GDP(速報値)が発表されましたが、事前予想とあまりにも乖離が大きかったため、投資家に売買を手控えさせる一因になったと見られます。売買代金は4月23日以来の2兆円割れになるなど、厳しい薄商いでした。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏での推移となりました。GDP発表直後は一時+180円高まで買われましたが、その後は21,300~21,350円のレンジ内の動きが続きました。結局、最後は安値に近い終わり方でしたが、それでも続伸となっています。終値が21,300円台に乗せたのは6日ぶりでした。

なお、TOPIXも同じような値動きでしたが、ほぼ横ばい(わずかな上昇)で終わりました。上昇率は日経平均株価を下回りましたが、薄商いの中、中小型株への買いは乏しかったと見られます。

東証マザーズ株価指数は反落、売買代金は連日の1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は5,313万株、売買代金924億円となり、いずれも先週末より減少しました。個人投資家の物色意欲が続かず、模様眺めムードが強まったようです。売買代金は連日で1,000億円を下回り、閑散相場ではなかったものの、直近ではかなり低水準の商いでした。

また、株価指数も反落となっています。今後も個人投資家の物色意欲回復が大きな焦点になるでしょう。

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 7:20
LIMO

チャート

ユニー・ファミリーマートホールディングス8028
2531円、前日比-17円 - 7/17(水) 15:00

チャート

ダイキン工業6367
14285円、前日比+230円 - 7/17(水) 15:00

チャート

テルモ4543
3138円、前日比-92円 - 7/17(水) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事