ここから本文です

田中圭、7月新ドラマでインテリヤクザに ムロツヨシ&古田新太と対決

5/21(火) 18:00配信

クランクイン!

 俳優のムロツヨシと古田新太がダブル主演を務め、7月にスタートするドラマ『Iターン』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)より、古田新太率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司役を田中圭が務めることが発表された。テレビ東京のドラマ出演は、2016年放送のドラマスペシャル湊かなえサスペンス『望郷』以来3年ぶりとなる。

【写真】ドラマ24『I ターン』田中圭演じるインテリヤクザ&追加キャスト


 本作は、『侠飯』『すじぼり』などの作品で知られる福澤徹三の同名小説を、映画『下衆の愛』『獣道』を手掛けた映画監督・内田英治が全話の脚本・監督を務めて実写ドラマ化。左遷先の“修羅の街”で対立する二大ヤクザににらまれ、不幸の無限ループに陥る中年サラリーマン・狛江をムロが演じ、昔ながらの性格のヤクザの組長・岩切を古田が演じる。

 田中が演じる竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、2人はバチバチと火花を散らす犬猿の仲。そんな2つの組が対立する街にやって来た狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまう。昔気質の人情派な岩切と、冷徹な竜崎に睨まれた狛江、さらに次々に罠を仕掛ける竜崎と、3人の絶妙な掛け合いが見どころとなる。

 田中は「脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)」と作品の魅力を語る。

 主演のムロは「田中圭くんと初めてお芝居したのですが、やっとだなという感覚があり、嬉しかったです。僕は“嫉妬”を誉め言葉として使うんですけど、彼は、嫉妬するくらいのお芝居の感覚を持っていると思います」と田中の演技を絶賛。

 古田は「圭ちゃんとはピストルの撃ち合いをして二人でぶっ飛ぶというシーンがありました。今まで共演してもそんなに絡むことがなかったので、同じ画角でピストルの撃ち合いをしたのが楽しかったです」とコメントを寄せた。

 ほかに岩切組の組員として、毎熊克哉、塚原大助、菊池均也、森羅万象が出演することも発表された。

 ドラマ24『Iターン』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時12分放送。

最終更新:5/21(火) 18:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事