ここから本文です

販売自粛となっていた『JUDGE EYES:死神の遺言』の新価格版が7月18日発売。「羽村京平」のモデル・音声をピエール瀧氏から差し替え

5/21(火) 12:01配信

電ファミニコゲーマー

 セガゲームスは、PS4向けタイトル『JUDGE EYES:死神の遺言 新価格版』を2019年7月18日に発売すると明らかにした。価格は4540円(税別)。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 『JUDGE EYES:死神の遺言』は、2018年12月13日に発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。木村拓哉氏が演ずる主人公「八神隆之」が依頼によって猟奇殺人事件に巻き込まれ、その真実を明らかにしていくといった物語が描かれる作品だ。今回は、この作品の廉価版が登場すると発表された。

 作品に「羽村京平」役として出演していた俳優・ミュージシャンのピエール瀧氏が逮捕されたことを受け、本作は2019年3月に一時販売自粛が行われていた。その後は該当キャラクターであるモデルが差し替えられた北米版が発売されている。

 公式サイトに掲載されている情報によると、新価格版は「羽村京平」のモデル・音声を差し替えたもので、物語などゲーム内容の変更はないとのこと。また、バランス調整アップデート、「EXTRA EASY(バトル簡単入力)」、「新米探偵パック」、「真相究明パック」、「ドローンレーサー支援パック」、「仙人支援パック」、「名探偵支援パック」が適応済み。初版で作成したセーブデータは使用できないが、すでに有償DLCを購入している場合は新価格版でも自動的に使用可能となる。

 「羽村京平」の新たなキャストは田中美央氏となっており、キャラクター紹介ページの各種スクリーンショットも差し替えられている。

ライター/渡邉卓也

電ファミニコゲーマー:渡邉卓也

最終更新:5/21(火) 12:01
電ファミニコゲーマー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事