ここから本文です

【MLB】菊池雄星、直球で挑んだ理由「力めるフォームできた」

5/21(火) 9:45配信

Full-Count

6回3失点の力投で本拠地初勝利となる3勝目を挙げた

■マリナーズ 7-4 ツインズ(日本時間20日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が本拠地シアトルのT-モバイル・パークで行われた19日(日本時間20日)のツインズ戦で、強力打線を相手に6回を5安打3失点と奮投。5度目となった地元での登板で初白星を手にし、今季3勝目(1敗)を挙げ今後に弾みを付けた。

【写真】菊池雄星が“美人妻”と一緒にアナハイム・ダックスのユニを着てNHLを観戦

 前日までの3戦で11本塁打を含む計45安打を叩き出したツインズ打線は速球に滅法強く、ここまで放った87本塁打のうち約44%の38本がそれを捉えたもの。登板前の3試合を一塁側の自軍ベンチから見つめ、快音を連発する脅威打線の破壊力を目の当たりにした菊池は、コーチ陣から出された翌日の指示に期するものを感じ取った。

「ストレートを投げないような指示が出るのかなと思ったら、逆にインコースに投げてくれっていう指示があったんで。それは意気に感じて。相手が狙っている中でいかに抑えれるかは今日のテーマでした」

 その意思がはっきりと見えたのは序盤の3回2死満塁の場面。今カード3本塁打を放っている3番のCJ・クロンを右打席に迎えると、初球にこの日最速の95マイル(約153キロ)直球を投げ込む。さらにそれを上回る96マイル(約154キロ)で臆することなく懐を突き、いずれも振り遅れのファールで追い込むと、最後は内角低めにショートバウンドするスライダーを曲げて3球で空振り三振を奪った。左手に拳を作り感情を表出してマウンドを降りた。

 ピンチで迎えた強打者を相手に菊池は力んだ。いや、正確には“正しく力んだ”。これを明解にするには春のキャンプに遡る。2月19日、打撃練習に初めて登板した菊池は指の掛かり具合が十分でない直球と力の入れ方についてこんな分析をしている。

「力むのは別に悪いことではないと思います。が、そのタイミングですよね。いい体の使い方をした中で力を入れるというのができてくればいいボールも行くのかなと思います」

1/2ページ

最終更新:5/21(火) 11:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(土) 11:45

あなたにおすすめの記事