ここから本文です

“沖縄対決”第1打席は鷹・東浜に軍配 山川は三ゴロ 西武は栗山の2ランで先制

5/21(火) 19:06配信

Full-Count

西武はその後栗山が2ランを放ち、この回2点を先制

■西武 – ソフトバンク(21日・那覇)

 西武の山川穂高内野手とソフトバンクの東浜巨投手の“沖縄対決”第1ラウンドは、東浜に軍配が上がった。

 21日、沖縄・那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われた西武とソフトバンクの一戦。地元凱旋となった両者の対戦は2回に巡ってきた。この回の先頭打者として山川が打席へ。「4番・山川」の名前がコールされると、満員のスタンドからは大きな歓声と拍手が沸き上がった。

 2ボール1ストライクからの4球目、山川が捉えた打球は三塁への痛烈なゴロに。三塁手の松田宣が一度、これを弾いたものの、その後 落ち着いて処理し、一塁へ送球しアウトに。第1打席は三ゴロに終わり、東浜に軍配が上がった。

 だが、東浜はその後、森に右前安打を許すと、2死一塁で栗山に右中間への2ランを被弾。ホームチームの西武が2点を先制した。

 先制点を生む一発を放った栗山は球団を通じて「打ったのはまっすぐです。自分のタイミングでチュンジュク(沖縄方言で「強く」)スイングができました」とコメントしていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:5/21(火) 19:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事