ここから本文です

C・ロナウドが再タッグを希望?アッレグリ後任に“スペシャル・ワン”指名

5/21(火) 10:17配信

ゲキサカ

 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、ジョゼ・モウリーニョ氏の監督就任を希望しているようだ。英『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

 ユベントスは17日、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の今季限りでの退任を発表。2014年7月から指揮を執ったアッレグリ監督は、そのシーズンから5年連続でリーグ優勝を果たすなど、計11タイトルをユベントスにもたらした。

 今季加入したC・ロナウドも「最高のコーチ。あなたと一緒に仕事をできたことは光栄だった」と別れを惜しんだが、すでに気持ちを切り替えた様子。伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、ポルトガル代表FWはモウリーニョ氏のもとで再びプレーしたいと主張しており、クラブに招聘を依頼したという。

 しかし、同紙によれば、ユベントスはトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督か、チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督をアッレグリ監督の後任として考えているとのこと。エースからの要望だが、クラブ首脳陣がどういった動きをみせるか注目だ。

 モウリーニョ氏は2008年6月から2年間、セリエAでインテルを指揮。2009-10シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ制覇に導いた。2010年5月からはレアル・マドリーの指揮を執り、C・ロナウドらと共にリーガ・エスパニョーラ制覇を経験している。

最終更新:5/21(火) 10:19
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事