ここから本文です

スペイン遠征中のロービジョンフットサル日本代表がスペインを初撃破!

5/21(火) 12:35配信

ゲキサカ

 スペイン南部で開催された「アンダルシア国際フットボール」で、ロービジョンフットサル日本代表が現地時間18日に世界王者のウクライナ、2017年の世界選手権で4位の成績を残したスペインと対戦。ウクライナには0-5で敗れたが、地元スペインを4-1で下し、欧州勢から初めての白星をあげた。大会は4チーム中3位に終わったが収穫を得て帰国の途に就いた。なおウクライナが優勝した。

 日本代表はスペインとは前回、ワールドゲームズ2015で対戦し0-8と大敗したが、ひるむことなく試合序盤からハイプレスをかけ、主導権を握った。これまでの国際大会で1試合4得点はチーム史上最多となった。

 アンダルシア自治州戦に続き、ハットトリックを達成したFP赤崎蛍は「ゴレイロ(GK)を中心とした守備から良いリズムを作れたと思います。4チーム中3位という結果でしたが、この結果をプラスに捉えてこれからも頑張っていきたいです」。

 また今大会初ゴールをあげたFP篠瀬翔平も「みんなが前にプレスをかけて作ってくれたチャンスだったので決めようという気持ちでシュートを打ちました。このゴールは日本で応援してくれたすべての人に捧げます」と感無量の様子だった。

 齋藤友規監督は「今大会は新たなメンバーも加わり、戦術的にも様々なトレーニングを積んできた中で、攻撃・守備の両面において、その成果を示すことができました。特にスペインとの最終戦は疲労の蓄積もある中、チーム一丸となり、勝利を挙げることができました。しかし、まだまだ課題も多くあります。その課題をきちんと整理し、より強いチームづくりに励んでいきたいと思います」と総括。欧州勢からの初勝利を今後の強化の弾みにするつもりだ。

 ロービジョンフットサルは、全盲の選手がプレーするブラインドサッカーとは違い、「B2クラス」(矯正後の診断で視力0.03まで、ないし視野5度までに該当する選手)か「B3クラス」(矯正後の診断で視力0.1まで、ないし視野20度までに該当する選手)がプレーする弱視の選手によるフットサルのこと。

【ウクライナ戦・日本代表先発メンバー】
GK13加渡主悟(FV Hausen〈ドイツ〉)
FP3大平英一郎 (CA SOLUA 葛飾)
FP9赤崎蛍(エンフレンテ熊本)
FP7中澤朋希 (埼玉FC ARES)
FP5篠瀬翔平(CA SOLUA 葛飾)

【スペイン戦・日本代表先発メンバー】
GK13加渡主悟(FV Hausen〈ドイツ〉)
FP3大平英一郎 (CA SOLUA 葛飾)
FP5篠瀬翔平(CA SOLUA 葛飾)
FP7中澤朋希 (埼玉FC ARES)
FP9赤崎蛍(エンフレンテ熊本)

【大会の最終結果】
1位ウクライナ 3勝
2位アンダルシア自治州 2勝1敗
3位日本 1勝2敗
4位スペイン 3敗

最終更新:5/21(火) 12:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事