ここから本文です

ビットコイン相場、17年時の急伸・急落に類似-JPモルガン

5/21(火) 0:52配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 仮想通貨ビットコイン相場はここ最近、先走って上昇していた可能性があると、米銀JPモルガン・チェースが指摘した。

ニコラオス・パニギリツオグル氏ら同行のストラテジストは17日付のリポートで、ビットコインが「本質的な価値」を超えて上昇したと指摘し、これはビットコイン急落につながった2017年の動きに類似しているとの見方を示した。同ストラテジストらはビットコインをコモディティとして扱い、推定計算能力や電力経費などを基に「生産コスト」を割り出し、相場動向を分析した。

同リポートは「過去数日間で実際の相場は限界費用に対して大幅に動いた」とし、「実際の相場と本質的な価値との差異は2017年後半の急伸を幾らか再現している。前回は主に実際の相場が下落することでこの差異が解消された」と記述した。

20日のアジア取引時間でビットコインは一時17%した。

ビットコインは2017年12月に1万9000ドルを超える高値を付けたものの、その後下落が続き、今年1-3月(第1四半期)の大半は4000ドルを割り込む水準で推移した。その後4月に5000ドル超まで回復。今月に入りビットコインは約50%の値上がりを記録した。 ブルームバーグのまとめたデータによると、ロンドン時間午前9時10分現在、ビットコインは11%高の7900ドル弱をつけている。

同リポートはさらに「仮想通貨に対して本質的な価値や適正価格を決めるのは明らかに困難だ」と記述。 「実際のところ、仮想通貨に根本的な価値はないとの理論や適正価値は実際の通貨を上回るとの見方など、専門家の間でも意見は分かれている」と指摘した。

原題:JPMorgan Says Bitcoin’s Jump Mirrors 2017 Boom-Bust Pattern (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Joanna Ossinger

最終更新:5/21(火) 0:52
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい