ここから本文です

山梨県は有識者検討会設置へ 富士山登山鉄道 2年後めどに構想

5/22(水) 20:00配信

UTYテレビ山梨

UTYテレビ山梨

富士山の麓と5合目をつなぐ富士山登山鉄道について、5月22日山梨県の長崎知事は有識者を交えた検討会を立ち上げ、2年後をメドにルートを含めた構想案をまとめる考えを明らかにしました。
富士山登山鉄道は富士山の環境保全や冬場の観光客増加などのメリットがあり、技術やコスト面で実現の課題があり、これまで具体化はしていませんでした。
長崎知事は構想の検討を公約に掲げていて、東京都内で元文化庁長官や火山噴火の専門家ら有識者でつくる富士山登山鉄道の勉強会に出席しました。
会合で長崎知事は地元の関係者や専門家で構想の検討会を立ち上げることを示し、了承されました。
また意見交換で出席者からは噴火が起きた際大勢の人の避難には鉄道の方が向いていることや周辺地域から富士山への交通アクセスの整備も必要といった声が挙がっていました。
県は6月12日に開会する予定の6月定例県議会に関連する予算案を提出して検討会を立ち上げ、2年後をめどにルートなどを含めた構想案をまとめる方針です。
一方、地元の富士吉田市からは慎重な検討を求める意見も上がっています。
富士山登山登山鉄道は具体化に向けた作業が本格的に始まります。




[UTYテレビ山梨]

UTYテレビ山梨

最終更新:5/22(水) 20:00
UTYテレビ山梨

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事