ここから本文です

ぶっ飛び具合超進化した「ボーダーランズ3」新要素満載で期待大!

5/22(水) 12:00配信

アスキー

2KとGearbox Studiosが制作したシューティングRPG「ボーダーランズ3」のメディア向けハンズオンイベントに出席。本作を一足先にプレーすることができたので、ファーストインプレッションを紹介。

【もっと写真を見る】

 5月16日、2KとGearbox StudiosのシューティングRPG「ボーダーランズ3」を試遊できる、日本初となるメディア向けハンズオンイベントに出席した。ボーダーランズシリーズはぶっ飛んだストーリーとキャラクター、豊富な戦利品が手に入るハクスラ要素、最大4人までのCO-OPプレーといった特長を有するシューティングRPG。本作は実に7年ぶりとなるシリーズ最新作である。日本では9月13日に発売予定だ。
 
 今回、全世界待望のボーダーランズ3を一足先にプレーすることができたので、本作のファーストインプレッションを紹介しよう。
 
今度の敵は双子!
銀河をまたにかけた壮大なストーリーが展開!
 ハンズオンイベントではボーダーランズ3に追加された新要素などのプレゼンと、約90分間の試遊を実施。プレゼンで気になったのは、シリーズ初となるパンドラ以外の惑星も探索できることだ。重力が異なるなど、各惑星ごとにさまざまな特性があるため、プレースタイルが異なるのだという。また、「サンクチュアリIII」という拠点からほかの惑星への旅やファストトラベルが可能。ほかの惑星の詳細はまだ不明だが、「スター・ウォーズ」のような銀河をまたにかけた壮大なストーリーが楽しめそうだ。
 
 つぎに気になった点は、本作に登場するボス。ボーダーランズ3のボスは、カルト集団「チルドレン・オブ・ヴォルト」のリーダー「トロイ&タイリーン(カリプソ・ツインズ)」という双子の姉弟だ。見た目からして、2に登場した「ハンサム・ジャック」よりも強敵の予感がするが、どれほど凶悪なボスなのか気になって仕方がない。クスリと笑ってしまうほどのブラックジョークにも期待したいところ。
 
4人の新「ヴォルト・ハンター」が銀河を救う?!
 最後に気になったのは、ズバリ主人公である「ヴォルト・ハンター」だ。本作で利用できるヴォルトハンターは、「モズ(ガンナー)」「アマーラ(セイレーン)」「FL4K(ビーストマスター)」「ゼイン(オペレーティブ)」の4人。それぞれ戦略性に富んだ特殊スキルを持っている。過去作に登場したおなじみのヴォルトハンターたちも登場するので、どういった絡みを見せてくれるのかワクワクする。
 
 過去作同様、膨大にあるユニークなスキルツリーを使って、ヴォルトハンターのアビリティーを強化できる。過去作と同様に育成の幅がかなり広いので、どのスキルを強化するか、はたまた、どの特性をメインに強化しようかなどで、7年ぶりに頭を悩ませることになるだろう。
 
 レベル3に達すると、各ヴォルトハンターは3種類のアクションスキルから1つを選べる。もちろんスキルの振り直しも可能。また、同時に複数のアクションスキルは装備できないが、ゼインだけはグレネードの代わりに第2のスキルが装備可能となっている。
 
 ハンズオンイベントでは、ゼインでプレーしてみた。ゼインの固有スキルは、一定時間敵を陽動するほか、攻撃もしてくれる「ホログラム」の機能である。このスキルがとにかく便利で、特に集団戦とボス戦のときはかなり重宝したものだ。ほかのヴォルトハンターのスキルも気になるところだが、製品版がリリースされたら、まずはゼインを使ってみようと思った。
 
銃が歩く?!
ユニークでぶっ飛びすぎな武器が多数登場
 ボーダーランズシリーズはハクスラ要素を採用しており、本作では全10社の武器メーカーの武器が多数登場する。従来と同様、武器ランクと属性攻撃の要素も健在なので、戦闘を有利に進めるためにも慎重に取捨選択しなければならない。
 
 また、足が生えている銃や跳ねてグレネードのように機能する銃など、ユニークかつ大胆な効果もパワーアップ。特に足が生えている銃には驚きを隠せなかった。プレー中、「えっ?」と何度も小さく声を出してしまった。こういう遊び心もボーダーランズならではの魅力だと感じ、ほかの武器にも期待せずにはいられない。
 
よりスピーディーに進化!
手に汗握るバトルは遊び甲斐あり
 ボーダーランズ3では、ダッシュ中のスライディングが実装されている。過去作以上にスピーディーかつ白熱するバトルを楽しむことができた。さらに、属性効果が付与された武器との組み合わせにより、環境を使った攻撃も可能。
 
 本作にはボス戦もあり、見事勝利すれば豪華な戦利品がもらえる。ボスが使用している武器はかなり強力なので、スキルや弱点を狙った攻撃などを活用することが大事。
 
 ハンズオンイベントでは、ボス(ギガマインド)に挑戦することができた。途中、ザコ敵が登場して苦戦を強いられたが、ゼインのデジクローンを駆使したことで窮地を脱し、なんとかボスを撃破。このボスが使用していた武器が実に面白く、銃を投げると目玉付きの脳みそ型タレットに変形し、一定時間敵を追撃してくれるのだ。目玉付きの脳みそがとことこ歩いている姿があまりにクレイジーすぎて、心の中で爆笑した。
 
レベルに合わせた補正あり!
フェアで安心なCO-OPプレーを実現
 CO-OPプレーについては、各プレーヤーのレベルに合わせて戦利品が分配されるようになっているという。また、レベルにあわせて与えられるダメージ値も自動的に変換されるため、レベルが違えど、互角のCO-OPプレーができるとのこと。フェアプレーを実現したことで、仲間たちと安心して共闘できるようになったのではないかと思われる。シングルプレーもそうだが、CO-OPプレーも挑戦する価値は十分といえよう。
 
 実際にボーダーランズ3を試遊してみて、本作の期待値が一気に高まった。まだ開発途中だが、ボーダーランズファンの期待を裏切らないクオリティーに仕上がっているように感じた。9月13日の発売が楽しみである。
 
作品概要
タイトル:「ボーダーランズ3」
開発元:Gearbox Studios
販売:2K
発売日:9月13日
プラットフォーム:PlayStation 4、Xbox one、PC
ジャンル;シューティングRPG
プレイ人数:1~4人まで
CERO:Z相当(審査中)
 
©2019 IPerion, LLC. Published and distributed by 2K. Gearbox and Borderlands, and the Gearbox Software and Borderlands logos, are registered trademarks, all used courtesy of Gearbox Software, LLC. 2K and the 2K logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. in the U.S. All rights reserved. The “PS” Family logo and “PS4” are registered trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc. c2019 Advanced Micro Devices, Inc. AMD, the AMD Arrow logo, Radeon, Ryzen and combinations thereof are trademarks of Advanced Micro Devices, Inc. Epic Games and the Epic Games Store logo are trademarks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the USA and elsewhere. All rights reserved.
 
 
文● 市川 編集●八尋/ASCII

最終更新:5/23(木) 13:36
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事