ここから本文です

シリーズ最新作『X-MEN:ダーク・フェニックス』に見るビーストの成長

5/22(水) 12:32配信

シネマトゥデイ

 映画『アバウト・ア・ボーイ』で注目を集め、映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』『女王陛下のお気に入り』などの様々な作品に出演、着実にキャリアを積んできたニコラス・ホルト。話題作『X-MEN:ダーク・フェニックス』と自身が演じたビースト、ハンク・マッコイ役について語った。

【動画】映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』予告編

 本作は世界中でヒットを記録した『X-MEN』シリーズの第7弾。ミュータントとしての特殊能力を活かし、人類と共存していたX-MEN。しかし、宇宙でのミッション中に発生した事故によって、ジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の邪悪な別人格ダーク・フェニックスが覚醒する。やがて彼女は制御不能に陥り、世界は滅亡の危機に直面する。

 まず、前作『X-MEN:アポカリプス』と比べ、今作でのビーストにはどのような変化があったのか。「ビーストは、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』ではプロフェッサーXの生徒だったけど、それから彼の援助者になり、そして今ではX-MENチームの中では、ミスティークとともにプロフェッサーXの副官のような役割を果たすようになっているんだ。ただ、徐々に異なった観点も持つようになり、いつでも彼のアプローチに同意するわけではなくなっていく」と語り、チームの中で意見を持つ存在になっていくようだ。

 さらに今作では、X-MENチームという家族が、ある秘密によってバラバラになる。「自分たちにさえ被害を与えることになる家族の一員を、どれだけ愛することができるのか、あるいは家族を守るために厳しい決断をするか等、家族内の関係性や対立を気にしながら演じていたよ」しかし、日によっては、ビーストとしてブルーの毛皮を着て、ただ吠えながら四つん這いになって動き回っているシーンの時もあったと振り返った。また、『X-MEN』シリーズに出演するにあたり、体重を増やすためにトレーニングを行っていたことも明かした。

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 15:14
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事