ここから本文です

待望の新作『ボーダーランズ3』を先行プレイ!シリーズファンをニッコリさせる新要素をご紹介

5/22(水) 12:00配信

Game Spark

「ヒャッハー」が口癖で世紀末が大好きなハードコアゲーマーの皆さん、お元気ですか?遂にあの大人気シリーズの約5年ぶりの最新作『ボーダーランズ3』が、3月末に発表されましたね!Game*Spark編集部と私、文章書く彦は都内某所にて行われた体験会にて開発ビルドを90分間たっぷりと遊んできました。本稿ではそのプレイレポートをお届けさせていただきます!

大きな写真で詳しく見る


『ボーダーランズ』シリーズはハック&スラッシュとFPSが融合したようなジャンルで、「シューター・ルーター」とも呼ばれています。世紀末的な世界観で敵を倒しまくり武器を拾いまくるのというのは、今ではすっかりおなじみのゲームジャンルですよね。特に2018年末からは、こういったジャンルに触れた方も多いのではないでしょうか? シリーズ二作目の『ボーダーランズ2』は幅広い層のプレイヤーを虜にし、今でも多くのファンから遊ばれています。

類似作品が沢山ある中で遊ばれ続けるということは、それだけ『ボーダーランズ』シリーズが代えのきかない特別なゲームということの証明であるとも言えるでしょう。もちろん筆者もこのシリーズのファンのうちのひとりです。5年ぶりの新作ということで発表時からワクワクしていましたが、同ジャンルの新作ゲームが流行していたこともあり、『ボーダーランズ3』の印象は期待半分、不安半分というところでした。


しかし体験プレイを始めてすぐ、足のついた銃が歩き出して敵を自動的に攻撃し始めた瞬間に、不安なんかはどこかへ飛んでいってしまいました。『ボーダーランズ3』は、(当たり前のことですが)私達が大好きな、おふざけとギャグがハチャメチャに満ちている『ボーダーランズ』シリーズそのものです。シリーズのプレイ感覚はそのままに、細かいところがいろいろ改善された正当進化版であると感じました。ひとつずつ変更点を挙げていくとキリがないので、ここからは筆者が特に気に入ったところをいくつか紹介していきます。

バッチリ進化している「グラフィックス」

まず目を引くのが、グラフィックスの進化です。公式トレイラーを初めて観たときには(目まぐるしいので)気付かなかったのですが、プレイしていると所々で「めちゃくちゃ綺麗になっているのでは?」と感じられることがありました。オブジェクトの描き込みや光源の表現が進歩しており、トゥーンシェーディングなりのグラフィックの美しさを楽しめます。

ステキな相棒を眺めることができる武器鑑賞機能

当然、武器の描き込みも進化しています。そして、お気に入りの銃を眺める機能もあったりします。『ボーダーランズ』シリーズは膨大な種類の武器がウリのシリーズでもあるわけですから、ひとつひとつの武器に愛着が持てる仕組みが搭載されているのは非常に喜ばしいことですよね!「スキン」や「武器MOD」のようなもので、武器をカスタムしていくシステムも存在するようです。

ハクスラ好きの顔がほころぶ「スキルシステム」

今回のハンズオンで筆者が特に気に入ったものが「スキルシステム」です。過去シリーズと違いアクションスキル(発動できる「技」のようなものです)が選択式になっているので、ビルドの幅が段違いに増えています。筆者がプレイした「ゼイン」というキャラクターはグレネードを投げる能力を犠牲にして2つのアクションスキルを装備できるので、かなり多様な育成方針がありそうでした。このあたりはハクスラ好きなプレイヤーにとって非常に嬉しい改善点となっています。

スライディング/よじ登りで、アクション面も現代的に!

『ボーダーランズ3』では「スライディング」や「よじ登り」などアクション面も改善されており、現代的なFPSとしての魅力を感じられました。戦闘はペースアップしている印象で、スライディングの最中に射撃したりなどスピーディーな撃ち合いが楽しめるようになっています。今回の体験会ではパッドでの操作でしたが、普段マウス+キーボードでFPSをプレイする筆者でも、ほとんどストレスを感じずにプレイすることができました。おそらく、操作感はかなり向上しているのではないかと思います。

新たな「ビークル」も登場!カスタマイズ要素にも期待

シリーズでおなじみの乗り物(ビークル)要素も当然進化しています。いわゆる「モノホイール」のビークルも出てくるので、SFファンにはたまりませんよね!残念ながら今回のハンズオンでは全貌まで明らかにならなかったのですが、ビークルのカスタマイズ要素もぐっと増えたようなので、オンラインで他のプレイヤーに自慢の車を見せつけて遊ぶようなこともできるかもしれません。スクリーンショットをご覧になると分かるかと思いますが、見慣れないアイコンがあるので色々いじって遊べそうですよね!

演出もレアドロップも楽しみな「ボス戦」

最後にボス戦をご紹介。ハデな演出とギリギリの戦いが楽しめるボスたちは『ボーダーランズ』シリーズの花形といってもいいですよね。もちろんボスごとに固有のレアドロップがあったりもするので、より一層討伐に身が入るってなものです。動画の最後に出てくる固有ドロップ武器は、Gearbox Softwareの開発スタッフが「ぜひ使ってみてくれ」と強くオススメしてくれた武器で、リロードすると脳みそ型のタレットが敵を自動攻撃してくれます。さすが開発者、どうやら我々が何を好きなのかをきちんと分かってくれているみたいなので安心しました。


……そんなわけで、体験版をプレイしてすっかり最高になった我々は、サイコのお面をかぶって大はしゃぎし、写真撮影までしていただきました。重ね重ねになりますが、『ボーダーランズ3』は前作から約5年ぶりのシリーズ最新作……『ボーダーランズ』シリーズファンの中には心配感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。『ボーダーランズ3』の面白さはありとあらゆる不安を吹き飛ばすものでした。写真を見てください。親指が立ってますよね。これは「良い」ということを示す伝統的なハンドサインなんですよ!

『ボーダーランズ3』は、PS4/Xbox One/PC向けに2019年9月13日発売予定です。

※記事内の動画および画面写真はすべて開発中のものです。

Game*Spark 文章書く彦

最終更新:5/22(水) 16:48
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事