ここから本文です

東日本国際大といわき短大 浜通り6高校と連携協定

5/22(水) 10:02配信

福島民報

 いわき市の東日本国際大といわき短大は二十一日、浜通りの六高校と高大連携協定を締結した。教育活動の発展と古里創生を掲げ地域に貢献できる人材の育成に取り組む。

 六校は平商、いわき総合、ふたば未来学園、新地、磐城一、東日本国際大付属昌平。これまで単独で協定を締結してきた高校を含め、国際大と短大連名で協定を結び、効率的な連携を図る。

 幼児教育や福祉、スポーツ分野など各校の要望に応じて「合意書」を作成し、出前授業や公開講座、単位認定などを展開する。

 締結式には大学の関係者と各校の校長や代表者が出席し、協定書に署名した後、抱負を述べた。学校法人昌平黌の緑川浩司理事長が「地域に有能な人材を輩出するため、学生の要望に応じたさまざまなものを提供し福島の創生に貢献していきたい」と語った。

 式に先立ち東日本国際大で行っている大学教育再生加速プログラム(AP)について担当者が紹介した。

 いわき短大は六月十五日午前十時から、高大連携事業の一環として協定締結校を対象に体験会を催す。

最終更新:5/22(水) 10:02
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事