ここから本文です

ロールスロイス ファントム「プライバシースイート」…完全なる個人的空間、価格は7240万円

5/22(水) 12:30配信

レスポンス

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、ロールスロイス『ファントム』の「エクステンデットホイール」に設定された「プライバシースイート」を日本初公開した。

[関連写真]

エクステンデットホイールとは、標準のファントムのホイールベースを延長したクルマで、主にショーファーカーとして利用されるものだ。先代ファントムにも同様の仕様があり、そのオプションとして、「ディビジョンウォール」という、前席と後席との間に仕切りを設けたものがあった。今回のプライバシースイートはそれに代わるものである。

先代のディビジョンウォールとの違いについて、コーンズ・モータースの土田裕之氏は次のように説明する。「ディビジョンウォールは、仕切りの透明部分がプラスチックで大きく湾曲したもので、可変もしなかった。しかしその形状は非常にクラシックであり、かつとても工作が難しいので、見た目としての価値はとても大きかった」という。しかし、「競合車では仕切り部分の透過を変更できるものがあったので、オーナーから、この仕様の要望が高かった。そこでプライバシースイートの採用につながった」という。

具体的には、エレクトロクロマチック・ガラスを採用。Cピラー付近にあるスイッチにより一瞬で透明な状態から不透明な状態に切り替えることが可能になった。

その名称も、「スイートルームのスイートを由来としており、完全なる個人的な静謐な空間を表現している」と話す。

そのほかの装備としては、先代から引き続きリアシートの可動範囲拡大やフットレストの電動化は継承。さらに、これまでは格納式テレビも手動で取り出していたものから電動化された。土田氏は、「まさにスイートルームのように様々なものが電動化され、安楽にお客様が楽しんでもらえるモダンな空間になった」と語った。

価格はファントム・エクステンデットホイールの6540万円にプラス700万円のオプションとなる。

なお、実車は5月25日まで東京芝浦のコーンズ・モータースが運営するロールス・ロイス・モーター・カーズ東京のショールームに展示されている。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:5/22(水) 12:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事