ここから本文です

【JRA】ヴェロックス川田騎手「全力の仕上がりで挑むダービー」/日本ダービー共同会見

5/22(水) 17:33配信

netkeiba.com

■ヴェロックスに騎乗予定の川田将雅騎手

――皐月賞を振り返ってください。
川田 予定どおりの競馬ができました。しっかりと走り切ってくれて、(勝ち馬と)着差はわずかでしたが頑張ってくれた結果だと思っています。

――1週前追い切りに騎乗されていました。感想は?
川田 しっかりとつくりにいくために強めの負荷をかけました。すごくいい内容で走ることが出来ましたし、とてもいい追い切りだったんじゃないかと思っています。

――皐月賞と比べて馬の状態は?
川田 徐々に体も成長していますし、その成長して良くなった部分を感じながらの追い切りにもなりました。改めて皐月賞からダービーに向けてのあいだでもしっかりと成長してくれたな、と感じています。

――東京の2400m、どのようなイメージで臨まれますか?
川田 若駒ステークスで初めて乗ったときに、道中少し“ダービーでやれるな”と感じる瞬間がありました。そこに無事にたどり着くことができました。この馬のポテンシャルをそのときに感じて(いたとおりに)、何ら問題なくダービーを走り切ることができると思ってます。

――相手関係は?
川田 皐月賞馬が着差以上に強かったですし、さらにいい状態でダービーに来ているのは間違いないと思います。ほかにも強い馬はいますけれども、ヴェロックス自身もすごくいい状態でここに向かってこれていると思います。まずは自分の競馬をしてから、ということですね。

――皐月賞の前は「サートゥルナーリアが1頭抜けているのでは?」という話をされていました。実際に戦ってみた印象は?
川田 繰り返しますが、着差以上に強かったです。まだ少し動けないのだろうな、という印象がありました。前哨戦を使ったわけでもなかったですし、ぶっつけで本番に来て“少し動きづらいんだろうな”と、横で感じていました。

――逆転にはどのようなことが必要でしょうか?
川田 もちろんすごく強い馬に向かっているので、そのための時間を過ごしてきました。いままでで一番“つくり”にも来ています。全力の仕上がりで挑むダービーだと思っていますので、あとはなんとかいい結果を得られるように、ということです。

――最後にメッセージを
川田 すごく強い馬がいてそこにチャレンジしにいく立場です。いい状態で来れていると思っているのでダービー当日を楽しみにしてもらえたらな、と思っています。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:5/22(水) 17:33
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事