ここから本文です

【JRA】ダノンキングリー戸崎騎手「本当に幸せを感じています」/日本ダービー共同会見

5/22(水) 20:22配信

netkeiba.com

 皐月賞(GI)3着から日本ダービー(GI・東京芝2400m)に向かうダノンキングリー(牡3・美浦・萩原清)。手綱を取る戸崎圭太騎手と管理する萩原調教師の共同記者会見が行われた。

■戸崎騎手

(今日の追い切りの感触は?)
「順調に来ていますし、馬の状態もすごくいい感じで追い切りを終えました。先週しっかりとやっていましたので、今日は手応えを見る形と、あとは道中のハミの取り方というか、折り合いを確認する追い切りをしました」

(先週と今週の違いは?)
「先週は乗ってなかったのでわかりませんが、先週しっかりとやっていただいて気合が入っているなと思いました」

(3着の皐月賞については?)
「そんなに差がなかったので悔しい思いはしましたけど、イメージ通りのレースはできたかなと思います。最後の直線の進路取りで、馬場の良いところと悪かったところの差はあったかなと思いましたけど、改めて力を感じさせる走りはしてくれました」

(逆転は可能という感触はある?)
「そうですね」

(3強と呼ばれているが?)
「その中の1頭に乗せていただけるということは、すごく光栄に思いますし、幸せを感じていますね」

(東京2400mのイメージはできている?)
「東京でも2戦2勝と相性のいいコースですし、イメージはしっかり出来ています」

(2400mという距離については?)
「この馬に関してはベストかというと少し疑問はありますけど、その辺は力でカバーしてくれると思いますし、我慢はきく馬なので、対応できると思います」

(4戦すべて手網を取っているが、改めてどんな馬?)
「スピードは持ってる馬ですね。あとはすごくセンスの良い馬だと思いますので、競馬がしやすいなと思います」

(エポカドーロで2着だった昨年のダービーを振り返って)
「去年はもう少しというところだったので、ちょっと違う景色を見れたなというところがあって、去年くらいからやっぱりダービーは勝ちたいなというレースになりました」

(去年の2着で気持ちがガラッと変わった?)
「そうですね」

(今年は勝ちたいと?)
「勝ちたいですね」

(ダービーの優勝が近づいてきたという気持ちはある?)
「ありますけど、そう簡単に勝てるレースではないと思っています。去年2着でそういう思いをさせていただいて、また改めて今年、有力馬、チャンスのいただける馬に巡り会えたということは本当に幸せを感じています」

(こういうレースをすれば勝てるというイメージはある?)
「この馬の良いところを引き出して。切れ味も持っていますからね。枠順が出てからいろいろ組み立ては考えようかなと思っているのですが、まずは良いところを出して精一杯戦っていきたいなと思います」


■萩原調教師

(最終追い切りを終えて感触は?)
「良かったと思います」

(どんなことを心掛けて調教を?)
「一番は折り合いですね」

(うまくいった?)
「そうですね、ジョッキーが感触を掴んでくれたと思いますので、実戦では今日の追い切りの感じを頭に入れてやってくれると思います」

(3着の皐月賞を振り返って)
「良い内容の競馬だったと思います」

(東京競馬場は共同通信杯勝ちがあるが、東京コースは向いてる?)
「それはあまり思っていないです」

(東京2400mの立ち回りのイメージは?)
「特にないですけど、ジョッキーにはしっかりイメージしてもらいたいと思っています」

(戸崎騎手への具体的な指示は?)
「それはないですけど、ジョッキーの方が今までの競馬に関しての知識はあると思いますので、全面的に信頼してお任せします」

(ヴィクトリアマイルをノームコアで制して、厩舎もいい雰囲気に?)
「まあ、変わらずやってるつもりです」

(3強と呼ばれているが、そのあたりは?)
「まあ、色々な捉え方があるかと思いますけど…」

(逆転は可能だと?)
「それはもちろん。そう思っての出走になります」

(2009年のロジユニヴァース優勝時以来のダービー出走だが?)
「しばらく遠ざかっていたので、もっと出さなくてはいけないと思っています」

(ファンにメッセージを)
「こういう大舞台に(管理馬を)出走させられるということに非常に感謝したいとともに、当日は熱い戦いが見られると思いますので、皆さんぜひ競馬場で観戦していただけたらなと思います」

(取材・文:佐々木祥恵)

最終更新:5/24(金) 10:38
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事