ここから本文です

後輩のイジリで復活 白井は世界選手権代表になれるか?

5/22(水) 16:41配信

東スポWeb

【スポーツ情報局】五輪担当記者 体操のNHK杯で優勝した男子の谷川翔(20=順大)と兄・航(22=セントラルスポーツ)の“兄弟ワンツー”は明るい話題なのですが、4月の全日本選手権で惨敗したエースの内村航平(30=リンガーハット)が不在で、世代交代は加速中って感じですね。

 デスク 全日本選手権で30人中30位だった白井健三(22=日体大大学院)は、NHK杯で23位に順位を上げたな。

 記者 全日本で完敗後は「体操を辞めたい」と周囲に漏らすほど落ち込んでいましたが、今回はむしろ表情が生き生きしていましたよ。

 デスク ケガも快方に向かって調子を取り戻しつつあるってわけか。

 記者 それもありますが、一番は仲間たちの影響でしょうね。練習中から談笑し、完全に吹っ切れた様子でした。特に白井がテレビCMなどに出演しながらも、ふがいない成績だったことを後輩たちからイジられているときは、本当にうれしそうでしたよ。

 デスク 不振をネタにされても笑えるってことはメンタル面の問題もなさそうだな。

 記者 白井本人も「ケガを笑い話にできるし、精神的にいい状態。今後はすごく前向きに取り組めます」と再起を誓い、むしろ以前より輝いていました。

 デスク ところで白井が10月の世界選手権の代表になれる可能性はあるのか。

 記者 代表5人中3人が決定しました。6月の全日本種目別選手権(群馬・高崎アリーナ)次第で残り2枠に入れそうです。水鳥寿思強化本部長(38)も「体が戻って白井選手が実力を出し切れれば可能性はある」と言っていました。

 デスク 落ち込んだときほど、笑ってくれる後輩って大事だな。

最終更新:5/22(水) 16:41
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事