ここから本文です

どこまでが「関東」で、どこからが「関西」なのか?

5/22(水) 12:00配信

ねとらぼ

 私たちは普段何げなく「関東」「関西」という表現を使っています。一般に、東京や神奈川があるのが「関東」、京都や大阪があるのが「関西」という認識だと思います。

【地図】もともと「関西」とされていた地域

 ところで、この「関」とは何を意味しているのでしょうか。また、関東と関西とは具体的にどの地域のことを指すのでしょうか。

 実は、関東・関西という言葉が意味するところは、時代によって変わってきました。

「関所の東」を「関東」と呼ぶ

 「関東」の起源は、7世紀後半までさかのぼります。当時の日本では、朝廷のある畿内(※)以外の各国が7つの「道」に区分され、それぞれに関所が設けられていました。

 ※山城・摂津・河内・和泉・大和の5か国

 中でも、

・東海道の鈴鹿(すずか)関:現在の三重県
・東山道の不破(ふわ)関:現在の岐阜県
・北陸道の愛発(あらち)関:現在の福井県

 の3つは「三関」と呼ばれ、畿内の守りを固める上で特に重要な役割を果たしていました。

 この頃から、これらの「関所の東側にある地域」という意味で関東という言葉が使われるようになります。現在イメージされる関東地方よりはかなり広い範囲といえますね。

 一方、「関西」という語はまだ存在しなかったと考えられます。当時の朝廷にとっては都の置かれた飛鳥や奈良こそが中心であり、自分たちのいるところが日本のどちら側にあるかなど関わりないことだったのです。

「逢坂関の西」を「関西」と呼ぶ

 「関西」という言葉が使われ始めるのは平安時代中期。9世紀初めに愛発関が廃止され、代わりに逢坂関(おうさかのせき。現在の滋賀県大津市)が置かれると、ここから西を関西と称するようになります。

 もっとも、「畿内が中心」という意識は根強く、あくまで未開の地である「関東」と区別する程度の意味で使われていました。

鎌倉幕府の代名詞「関東」に対して「関西」

 12世紀末、源頼朝が鎌倉に幕府を開くと、急速に「関東」という言葉が定着していきます。幕府の直轄領である関東御領、将軍家の支配地を指す関東御分国というように、「関東」はいわば鎌倉幕府の代名詞として使われるようになったのです。

 東の幕府と対比する形で、天皇家が拠点とする地域を「関西」というようになったのもこの時期。鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』(あづまかがみ)にも「関西」の記述が見られます。

 ここでいう関西は、従来通り逢坂関より西の地域を指すこともあれば、朝廷の支配が及んでいた尾張(現在の愛知県)より西を意味する場合もありました。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 12:00
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事