ここから本文です

東京駅でAI案内ロボット実験 ドイツ鉄道版も登場

5/22(水) 12:11配信

共同通信

 JR東日本は22日、人工知能(AI)を活用した案内ロボットの実証テストを東京駅で公開した。ドイツ鉄道が開発し、精巧にかたどられた人間の顔が搭載されたロボット「SEMMI」と、日本国内で広く使われている人型ロボット「Pepper」の2台が登場。将来のロボット実用化に向け、見た目による乗客の反応の違いや性能を確かめる狙い。

 日英中など多言語対応ができる2台のロボットは、東京駅地下の商業施設「グランスタ」の案内所で乗客に対応した。買い物途中に通りかかった川崎市の主婦から東京タワーへの行き方を尋ねられたSEMMIは「私の勉強不足でお答えできません」とおわびした。

最終更新:5/22(水) 13:50
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事