ここから本文です

武豊騎手が地元馬アマレナでフランスオークスに参戦

5/22(水) 14:41配信

スポーツ報知

 武豊騎手(50)=栗東・フリー=が6月16日に、フランスのシャンティイ競馬場で開催されるフランスオークス(正式名称はディアヌ賞)・G1(芝2100メートル)に、欧州調教馬で参戦することが22日、分かった。

 コンビを組むのは3歳牝馬アマレナ(父ソルジャーホロウ)。ドイツでデビューしたが、現在はフランスで開業している日本人調教師・小林智厩舎に所属。初戦は芝2100メートル、前走のパリロンシャンの芝2200メートルのリステッド競走をいずれも勝って2戦2勝。所有するのはJRAの馬主資格も持つキーファーズ。

 すでに凱旋門賞の一次登録も済ませており、このレースの結果次第で、大舞台挑戦へと展開していく可能性もある。

最終更新:5/23(木) 13:51
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい