ここから本文です

ZOZO、実店舗でも「ツケ払い」 電話番号の登録だけで決済

5/22(水) 19:45配信

ITmedia NEWS

 ZOZO傘下のアラタナは5月22日、実店舗向けに決済サービス「ツケ払い powered by Coiney」の提供を始めたと発表した。ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が導入して話題を呼んだ「ツケ払い」を、リアルの店舗でも使えるようにするサービスだ。導入店舗では、客が商品を注文してから最大2カ月後に支払いできる。

【画像】利用手順

 利用客が店舗のスタッフに電話番号を伝え、SMS認証を行えば決済が完了。客は専用アプリのダウンロードや会員登録の必要がなく、店舗側もネット環境とタブレット端末などがあれば導入できる。代金は決済事業者のコイニーが立て替え、店舗側に支払う。その際、店舗からは決済手数料を徴収する。

 ZOZOTOWNのツケ払いは2016年11月にスタート。20~30代を中心にクレジットカードを持たない若年層の支持も集め、17年8月には利用者数が100万人を突破した。ツケ払い powered by Coineyは、実店舗での新しい顧客層の獲得、販売機会の増大を狙う。

 同サービスは、まずアパレル企業向けに提供し、他業種にも順次展開していく。サービス開始に合わせ、決済手数料が9月まで無料になるキャンペーンも行う。

ITmedia NEWS

最終更新:5/22(水) 19:45
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事