ここから本文です

プロ注目の山村学園・和田、東海大相模相手に力投も準決勝で敗退

5/22(水) 19:04配信

デイリースポーツ

 「春季高校野球関東大会・準決勝、東海大相模4-1山村学園」(22日、大宮公園野球場)

 プロ注目左腕の山村学園(埼玉)・和田朋也投手(3年)は東海大相模(神奈川)を相手に力投したが、決勝進出を逃した。公式戦では初めて10回を一人で投げ抜き、4失点。「夏へ向けてのいいステップ」と手応えをつかんだ。

 生命線である直球とスライダーのコンビネーションで、六回まで無失点と強豪を寄せつけなかった。七回に迎えた無死満塁の大ピンチでも内野ゴロの間の1点のみ。最少失点で切り抜けると大きくガッツポーズした。

 以降も粘りの投球を続けながら、延長十回に3連打などで3失点と力尽きた。「甘い球をヒットにされた」と1球の怖さを痛感。残すは最後の夏のみ。花咲徳栄、浦和学院、今春センバツ出場の春日部共栄(いずれも埼玉)など強豪ひしめく戦いを見据え、春で得た経験を生かす。

最終更新:5/22(水) 19:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 19:40

あなたにおすすめの記事