ここから本文です

阪神・岩田 同点本塁打浴びるも2度も満塁ピンチは切り抜ける

5/22(水) 19:33配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(22日、甲子園球場)

 阪神は岩田稔投手が2017年7月2日のDeNA戦以来2年ぶりとなる甲子園での勝利を目指して先発した。

 毎回ランナーを背負う苦しいピッチングながら、ベテランらしく落ち着いた投球でしのいでいく。初回は左安打の山田を一塁けん制死。1死満塁のピンチを迎えた二回、1死一、二塁の三回はともに内野ゴロでの併殺に仕留めて、スコアボードに0を並べていった。

 だが、四回だ。先頭のバレンティンに3-0から投じた、ど真ん中のストレートを豪快にはじき返されて、左翼スタンドへ同点本塁打を浴びた。

 さらに大山が雄平のハーフバウンドのゴロを捕球するも送球時に握り損ねて出塁を許し(記録は内野安打)、続く村上の三ゴロでは大山の送球が微妙にそれ、一塁・中谷の足がベースから離れる(記録は三塁失策)。

 送りバント、四球で1死満塁のピンチ。一気に突き放されても不思議ではない場面だったが、高橋を空振り三振、坂口を一ゴロに仕留め、何とか踏みとどまった。

 岩田は前回8日の同戦(神宮)では、青木に頭部死球を与えて危険球退場。5回2/3を投げ、無失点で無念の途中降板となった。

最終更新:5/22(水) 19:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事