ここから本文です

阪神ドラ1近本“チカビーム”で逆転阻止 鮮やかバックホーム!山田刺した

5/22(水) 20:11配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(22日、甲子園球場)

 阪神ドラフト1位・近本光司外野手(大阪ガス)が逆転のピンチを“チカビーム”で救った。1-1の同点で迎えた五回表2死二塁の場面。雄平が放った中前打にチャージして捕球すると、本塁目掛けて素早い送球。ワンバウンドで梅野のミットに収まり、二走の山田を刺した。

 打撃では初回に二塁への内野安打、五回には左前打で出塁。18日の広島戦(甲子園)以来のマルチを記録している。

 阪神は二回に梅野のソロ本塁打で先制。先発の岩田は四回先頭のバレンティンに同点本塁打を浴びたものの、再三のピンチをしのぎ、最少失点に抑えている。

最終更新:5/22(水) 20:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(木) 16:40

あなたにおすすめの記事