ここから本文です

阪神連勝!糸井が決勝適時打&激走ホームイン 2番手・球児が2勝目

5/22(水) 21:31配信

デイリースポーツ

 「阪神3-2ヤクルト」(22日、甲子園球場)

 阪神が糸井嘉男外野手の勝ち越し適時打で本拠地・甲子園で連勝を決めた。ヤクルトは7連敗となった。

 同点の七回。阪神は先頭の代打・上本が遊ゴロに打ち取られたが、悪送球で二塁に進んだ。近本が犠打を成功させて1死三塁。糸原は遊撃への飛球に倒れたが、続く糸井が好機を生かした。

 超人の一打に4番・大山も奮起。2ストライクからの3球目、144キロ直球を左前へはじき返した。左翼・バレンティンが打球の処理を怠る間に、糸井が一塁から激走して本塁に生還。貴重な追加点を奪い取った。

 先発の岩田は毎回ランナーを出しながらも、6回1失点。四回にバレンティンに同点10号ソロを浴びた以外は要所を締めた。

 七回以降は藤川、ジョンソン、ドリスとつないで逃げ切った。2番手・藤川が2勝目を飾り、ドリスは1点を失いながらも10セーブ目(1勝1敗)。

最終更新:5/22(水) 21:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事