ここから本文です

【C大阪】ソウザの“40メートル砲”炸裂で、首位突破! 本人も「心に残るゴール」と自画自賛

5/22(水) 22:33配信

スポーツ報知

◆YBCルヴァンカップ Cグループ 第6節 C大阪2―0大分(22日、ヤンマースタジアム長居)

 C大阪MFソウザが約40メートルのロングシュートを含む2得点の活躍をみせ、チームをグループ首位突破に導いた。前半6分、約20メートルの直接FKを決めて先制すると、圧巻だったのは後半26分のプレー。中盤右サイドで前を向くと「GKが前に出るのは分かっていたので、試合前からゴールがあいていれば打とうと思っていた」と一瞬の隙を見逃さず、正確無比なキックでネットを揺らした。

 本人も「心に残るゴールです」と喜ぶスーパーゴールを披露したブラジル人MFだが、リーグ戦ではここ4試合先発から外れている。そんな現状を「理解はできないが、(監督の決定を)リスペクトしている。自分はいつも、勝利のためにプレーしています」と受け止め、与えられたチャンスに結果を残した。C大阪のロティーナ監督は「(リーグ戦で)プレーしていない選手がやるべきことは、自分がここにいるんだと示すこと。そういう意味では素晴らしかった」と、勝利の立役者を称賛した。

最終更新:5/22(水) 22:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事