ここから本文です

「東京の魔窟」東豊書店が6月末で閉店へ。大量の在庫はどうなる?

5/22(水) 11:37配信

BuzzFeed Japan

東京・代々木にある中国書の専門書店「東豊書店」が、6月末で閉店する。入居する「代々木会館」は激しく老朽化し、「東京の九龍城砦」「魔窟」との呼び声もある。

【写真】東豊書店、店内の様子はこちら

「東京の九龍城砦」「魔窟」との呼び声も

代々木駅西口を出て右に曲がると、程なくレトロなビルが目に飛び込んでくる。

これが東方書店が入居する「代々木会館」。建てられたのは東京五輪の5年後、1969年だった。

1974年放送のTVドラマ「傷だらけの天使」では、「エンジェルビル」として登場。萩原健一が演じる主人公・木暮修と水谷豊が演じる乾亨が、屋上のペントハウスを根城にしているという設定だった。

築50年を経て、ビルの外観はまるで廃墟のようだ。ところどころ窓ガラスが割れているが、かつて入居していた店舗の看板が、往時の面影を伝えている。

色あせた外壁には、テレビのアンテナや室外機が設置されている。ネット上では「東京の九龍城砦」「代々木の魔窟」などと呼ぶ人もいる。

このビルの3階に東豊書店は店舗を構えている。

中国研究者に愛された「東豊書店」

店主・簡木桂さんが経営する東豊書店では、台湾や中国から輸入した幅広いジャンルの中国書を取り扱っており、長きにわたって中国研究者に愛されてきた。

一歩はいると、ひんやりとした空気と紙とインクの匂いが、訪問者を迎える。店内はまるで迷路。棚と棚の間は、人一人がやっと通れるスペースしかない。

張り巡らされた本棚には、諸子百家の解説書や昭明太子の「文選」、魯迅の詩集、小説「紅楼夢」「金瓶梅」などが所狭しと並ぶ。

さらには「資治通鑑」などの歴史書、近現代中国の政治・経済の専門書、「説文解字」などの字典類、医学書、薬学書、占いの本なども揃っている。

私も学生時代に何度か訪問したことがある。無数に積み上げられた本の中から、自分だけの掘り出し物を探すのが楽しかった。

ご覧の通り、本は棚の中にぎゅうぎゅう詰め。一度取り出すと、元に戻すのが難しい。

大量の書籍、今後の行き先は「未定」

すでにインターネット上では閉店の報が広がっており、研究者など店の常連たちが名残を惜しむために訪れている。店の主は「閉店の理由はビルの取り壊し」と話す。ただ、これまでも代々木会館をめぐっては、解体の話が持ち上がっては立ち消えになってきたという。所有権、抵当権が複雑に入り組んできたことが背景にあるようだ。

店内・店外にうず高く積まれた大量の書籍は閉店後にどうなるのか。簡さんによると「まだ決まっていない。大学には引き取ってもらえなさそうだ…」とこぼす。閉店日まで、店内の書籍は全て半額で販売する。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 11:37
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事