ここから本文です

MacBook Pro新モデル発表。15インチは8コア Core i9初採用の歴代最速モデルへ

5/22(水) 3:05配信

Engadget 日本版

Appleが8コアの第9世代Coreプロセッサを搭載する15インチMacBook Proを発表しました。これに伴い、6コアの2.2GHz Core i7搭載モデルは姿を消しています。また、13インチのTouch Bar搭載モデルもCPUがアップデートされました。

新しい15インチMacBook Proは、2.3GHz(Turbo Boost時最大4.8GHz)の8コア Core i9プロセッサを搭載。オプションでさらに2.4GHz(Turbo Boost時最大5.0GHz)の8コア Core i9プロセッサが選べるようになりました。

価格は据え置きの30万2800円。オプションで2.5GHz CPUに変更した場合はプラス2万2000円となります。メモリは標準16GB搭載で、32GBに変更する場合はプラス4万4000円。

新モデルの投入に伴い、従来の最速モデル(2.6GHz 6コア)は価格が30万2800円から25万8800円に引き下げられ、下位モデルだった2.2GHz 6コアのモデルは姿を消します。

なお、トラブル続きで不評だったバタフライキーボードは、新モデルではスイッチに新素材を採用した新世代となっているとのこと。

一方で、13インチMacBook Pro Touch Bar搭載モデルも若干ながらCPUのアップデートが入り、これまで2.3GHz(Turbo Boost時最大3.8GHz)の4コア Core i5だったのが、2.4GHz(Turbo Boost時最大4.1GHz)の4コア Core i5に更新。オプションも2.7GHz(Turbo Boost時最大4.5GHz) 4コア Core i7だったのが、2.8GHz(Turbo Boost時最大4.7GHz) 4コア Core i7へと変わりました。

13インチMacBook Pro Touch Bar搭載モデルの価格は、2.4GHz Copre i7モデルで19万8800円からとなっています。

Munenori Taniguchi

最終更新:5/22(水) 3:25
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事