ここから本文です

メーガン妃 頼みの綱だった実母が帰国 はじめての子育てこれからどうする?

5/22(水) 16:50配信

Hint-Pot

メーガン妃の実母ドリアさん 新スタッフ不在報道のなかアメリカに帰国

 メーガン妃の第一子出産報道から2週間ほど。実母のドリア・ラグランドさんとともに、初めての育児を楽しんでいると思われていたメーガン妃だが、ドリアさんはすでに米国ロサンゼルスに帰宅しているところを目撃されたようだ。

【写真】メーガン妃もおばあちゃん子? 祖母にだっこされる10歳のメーガン妃

 ◇ ◇ ◇

「メーガン妃の母ドリアさんは21日に自宅近くで2匹の犬の散歩をしているところが目撃された」と報道したのは、英「メールオンライン」だった。ドリアさんは散歩用のカジュアルな服装だったようだ。

 ドリアさんは、娘のメーガン妃とヘンリー王子の第一子アーチーくんの誕生を手助けするために、数週間イギリス・ロンドンに滞在していた。

 先週、メーガン妃とヘンリー王子は、ウィンザー城領地内にあるフロッグモアコテージに新居を構えた。しかし、赤ちゃんのための乳母やシェフなどのスタッフチームを雇っていないことが報じられたばかりだった。

 そして、その代わりに、メーガン妃の母、ドリアさんの助けを借りており、「グラツィア」誌では、ドリアさんの助けは夫婦には「不可欠」であると報じられていた。

 ドリアさんはアーチーくん誕生の3週間前に、イギリスに到着していた。そして、ドリアさんは王室からの公式な誕生発表文書のなかでも、特別な言及をされていた。

「初孫誕生を大喜びされている公爵夫人(メーガン妃)の母、ドリア・ラグランドは、フロッグモアコテージで殿下夫妻と一緒です」と、書かれていた。ロイヤルウォッチャーは、この言及にとても注目しており、ドリアさんがアーチーくんにとってどれだけ重要かを示していると述べている。

 とはいえ、ヨガ講師をしていて、多くの友達がいるロサンゼルスでの生活があるドリアさんは、すべてを放り出してイギリスに完全に引っ越ししてくるとは考えられないようだ。

 しかし、ロサンゼルスからヒースロー空港へのフライトは10時間。また、メーガン妃夫妻の住居であるフロッグモアコテージでは、常時1部屋が空けられているそうで、今後ドリアさんは「頻繁に訪れる」訪問者になるといわれている。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 18:41
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事