ここから本文です

女子高生の最新「おしゃれトレンド」が明らかに 「LA・JK」とは何か、「TPO」を気にするってホント?

5/22(水) 6:05配信

アーバン ライフ メトロ

10タイプに分類される「おしゃれタイプ」

 SHIBUYA109エンタテイメント(渋谷区道玄坂)が運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(シブヤイチマルキュー ラボ)」は2019年5月21日(火)、現役女子高生に関するレポート「新世紀JKリアル図鑑2019」を発表しました。

【写真】今回の調査結果と「日本一かわいい女子高生」を見る!

「新世紀JKリアル図鑑2019」は、SHIBUYA109エンタテイメントが産業能率大学経営学部(世田谷区等々力)小々馬(こごま)ゼミとの協業で2019年1月に発表した、「新世紀JK生活価値観調査 2018」を新たに分析したものです。

 同レポートによると、女子高生800人を対象とした調査の回答を分類した結果、「おしゃれ意識」と「消費行動特性」の違いで、女子高生を「10のタイプ」に分けることができるといいます。

 その中でもっとも多くみられたのは、おしゃれ初心者で「自分探し」真っただ中の「平均JK」(20.0%)とのこと。次いで、あらゆるSNSで情報収集をし、トレンドを欠かさず取り入れる「THEミーハーJK」(15.2%)、サバサバして友だちが多い、海外カルチャーに憧れを持つ「LA・JK」(13.9%)という結果となりました。

 SHIBUYA109エンタテイメントは、今回の結果について

「今の女子高生はひとりでいくつものファッションスタイルを使いこなす『ファッションオールラウンダー』であり、その日に一緒にいる友だちや遊びに行く場所に合わせてファッションスタイルを変える傾向にあります。彼女たちにとってファッションは、自己表現手段だけではなく、各場面での同調や気分の共有のためのコミュニケーションツールとなっているのです」

とコメントを寄せています。また調査の中で、「TPOに会った服を選ぶように気を遣っている」という項目に、71%が当てはまると回答。

「文言だけを見ていると、今の女子高生は『礼儀やマナーに敏感である』と捉えることができますが、グループインタビューを重ねると、彼女たちの指す『TPO』とは『一緒にいる友だちに合わせて服のスタイルを変える』という意味合いが強く、友だちの存在がその日のファッションに影響していることが明らかになっています」

とのことです。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 8:16
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事