ここから本文です

宇部市議会、議長に射場さん選出

5/22(水) 14:51配信

宇部日報

副議長は笠井さんに

 山口県宇部市議会の5月臨時会は22日、開会した。初日は正・副議長選挙があり、新議長に射場博義議員(61)=チーム創生=、副議長に笠井泰孝議員(70)=清志会=が選ばれた。初めて大役を務める射場議員は「令和という時代に議会も新しい取り組みをスタートさせる。役割をしっかりと果たし、市民の福祉向上と市勢発展のため、皆さんと一緒に取り組んでいきたい」と抱負を述べた。任期は2年間。
 
 選挙は午前10時20分ごろから、全28人が出席した本会議で単記無記名方式による投票が行われた。議長選の投票結果は、射場議員13票、山下節子議員(令心会)6票、新城寛徳議員(公明)、荒川憲幸議員(共産)各4票で、無効票が1票あった。
 
 続く副議長選の結果は、笠井議員20票、時田洋輔議員(共産)4票、長谷川耕二議員(公明)3票、山下節子議員1票だった。
 
 笠井議員は「少子高齢化、人口減少、中心市街地活性化など喫緊の課題があり、市民の政治への関心アップも必要。議長を支えるとともに、各議員の意見を聞きながら議会運営に努めたい」と語った。
 
 臨時会の会期は、27日までの6日間。旧宇部井筒屋の土地や建物の取得に関する負担付き寄付の受納など、市から提案された7件の議案や報告について審議。宇部・阿知須公共下水道組合議会議員の選挙なども行われる。

最終更新:5/22(水) 14:51
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事