ここから本文です

メルセデス-AMG、CLA35 4MATICをワールドプレミア。欧州では8月に発売予定

5/22(水) 8:05配信

carview!

メルセデス・ベンツは4月16日にニューヨークオートショーで、CLA35 4MATICをワールドプレミアした。既報のとおり、幾度かの予告を経ての全貌公開。いち追加グレードにもかかわらず、さんざん焦らしたのは、メルセデス自身、ヒットを期待している重要モデルだからだろう。

>>CLA35 4MATIC フォト集<<

いまではハッチバックにもSUVにもほぼフルラインで揃うAMGモデル。その真髄は、高性能エンジンを積むだけにとどまらず、ドライバーを心底興奮させることにあるはず。それはスタイリングしかり、コクピットに座った時の高揚感しかり。その点、このCLA35 4MATICは、昨今のAMGモデルにどこか物足りなさを感じていたオールドファンをも納得させることができそうだ。

エクステリアは、2本ルーバーの中央に大きめのスリーポインテッドスターを配した専用ラジエターグリルをはじめ、大開口のフロントグリルを持つダンパースポイラーやディフューザータイプのリアバンパー、左右シングル出しのエキゾーストパイプなどが専用デザインとなる。派手すぎず、地味すぎず、存在感と美しさを備え、イエローのボディカラーさえも似合うスタイリッシュなクーペフォルムに仕上がっている。

ホイールはツインスポークデザインの18インチが標準で、オプションで19インチを用意。ホイールチョイスの際は、メーカーが選んだ標準設定のチョイスも考慮しておきたいポイントだ。

なおボディ剛性については、ホワイトボディの段階でフロント周りが強化されており、ターンイン時の操舵の正確性と、キャンバー・トー変化の抑制が図られている。またエンジン下の“シアーパネル”と呼ばれる補強パーツも捻れ剛性の向上に効いているそうだ。

M260をベースにチューンされたエンジンは、アクセルレスポンスの向上が重点的に図られている。スペックは最高出力306hp、最大トルク400Nmと、行き過ぎとは感じさせない範囲に収まっているが、0-100km/h加速は4.9秒と、2リッターターボとは思えない高性能ぶりを実現している。これは駆動方式が4WDであることももちろん貢献していて、搭載するAMGチューンの4MATICは前後50:50を基本に適宜、可変配分を行う。

CLA35 4MATICは、欧州では2019年8月に発売される予定。スタイリッシュでAMGらしい高性能コンパクトの日本導入が待ち遠しい。

最終更新:5/22(水) 8:05
carview!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事