ここから本文です

【FIFA U-20ワールドカップ 日本代表インタビュー】今までいなかったような10番のプレーを見せたい~湘南ベルマーレ・齊藤未月~

5/22(水) 17:02配信

J SPORTS

強い意志を持った瞳から放たれる視線は、常に対峙する者の心をも射貫く。それはピッチの上でも、ピッチの外でも同様に。「ちっちゃいからってボールが奪えないとか、ちっちゃいからって球際や走ることで負けるとは本当に思われたくないので、ワールドカップという世界一を決める所ですけど、僕個人もボールを奪ったり、前に出て行くという所でも世界一になりたいなと思います」。湘南から世界へ。未来を懸けた齊藤未月の大いなる挑戦が幕を開ける。

すべては勝つために。そこに対して妥協するつもりは毛頭ない。「1人違った言動だったり、違ったプレーだったり、違った姿勢を見せるのが大事かなと思っていて、そこで浮く分には全然いいなと思っていますし、人と同じことをするんじゃなくて、ちょっと違った立場でやるのが大事かなと思っています」。

冷静と情熱の入り混じり方も彼の小さくない魅力だと思う。「日本代表は勝てないとか、そういうふうに思われている可能性は凄く高いと思うんですよね」と話した直後。「でも、それを覆せるのがサッカーだと思いますし、それを覆した時が一番僕たちも楽しいと思える瞬間だと思うので、そこは日本を背負っている分、ワールドカップで示したいなという気持ちはありますね」と言葉を続ける。

この世代ではずっとキャプテンを託されてきたが、その役割に対する自身のイメージはあまりないという。「キャプテンというイメージは個人的に全然なくて、この年代の代表になってからキャプテンとして活動している印象なので、そこはカゲさんが選んでくれて、任せてくれているからこそ、やれているのかなと思います」。チームの空気感も、このグループの大きな武器だ。「雰囲気は本当に良いですよ。みんな本当によくしゃべるし、明るいし、監督の話を聞かないし(笑) でも、逆にそれがいいんじゃないかなと思いますけどね」。そんな雰囲気の中でも、ピッチにチームが集まると自然体で振る舞う彼がキャプテンである理由は、不思議とハッキリ見えてくる。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 17:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事