ここから本文です

ラキティッチ「バルサでもう1回チャンピオンズリーグに優勝したいんだ」

5/22(水) 16:25配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 土曜日、FCバルセロナはバレンシアとコパ・デル・レイ決勝戦を戦う。会場はイヴァン・ラキティッチにとって特別なセビージャだ。

 今回ムンドデポルティーボのインタビューに応じてくれたクロアチア人選手は、アンフィールドでの敗北、その後のセビージャ旅行、自分の将来、グリーズマン獲得の可能性などについて語ってくれた。

-コパ決勝に向けてのモチベーションは?

「チャンピオンズリーグ決勝戦は逃したけど、コパ決勝も特別な試合だ。バレンシアは自信に満ちているチームだから簡単には勝てないよ。今シーズン最後のタイトルがかかった試合だ。リーガとの二冠を目指して必ず勝利したい」

-アンフィールドでは何が起きたのですか?

「それは簡単に説明できないな。スポーツではどんなことでも起きてしまうんだ。もう“この敗北から学ばなければいけない“とは言わない。それは昨シーズンの感想だった。ひとつだけ言えるとすれば、来シーズンは我々以上に強い気持ちを持つチームはいないと思う」

-チャンピオンズリーグを優先したことが問題だったのでは?

「そうは思わない。実際、アンフィールドの試合までは順調だった。リーガとコパを見てもそれは分かるだろう」

-3つのタイトルに優先順位は付けましたか?

「いや、私はいつも勝ちたいんだ。日々のトレーニングでも勝ちたい。唯一勝たせるのは、女子とプレーするときだけだ。それ以外は絶対に勝ちを譲らない。だからここにいると思う。チャンピオンズは重要な大会だけど、リーガは毎週行われる。スーペル・コパも勝ちたいね」

-あなたはルイス・エンリケとエルネスト・バルベルデに最も起用された選手です。どう思いますか?

「なんて答えればいいんだろう(笑う)。私はフットボールに最大の献身をしながら、1日24時間を100%頑張っている。代理人と妻が少しコントロールしなくちゃいけないくらいね。常にベストを尽くしたいという気持ちはどうしようもない!」

-今夏、あなたが移籍するという話題もありますが・・・

「それは私がコントロールできない話題だ。少なくとも私にその気持ちは無い。チームでも順調で、バルセロナでの生活にも満足している。なぜ移籍する必要があるのか分からないよ。言論の自由があるから、どんなニュースでもわたしはそれを尊重しているけどね」

-いくつかのメディアはあなたのインテル行きを噂していますね

「理由は分からない。インテルは素晴らしいチームだけどね。今シーズンはチャンピオンズで対戦したし、クロアチア代表のチームメイトたちもいる。ただ、繰り返すけど私はバルサで幸せなんだ」

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 16:25
ムンドデポルティーボ日本語公式

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事