ここから本文です

「格闘代理戦争」での騒動について皇治と武尊が経緯を説明し改めて謝罪

5/22(水) 0:36配信

TOKYO HEADLINE WEB

 AbemaTVで放送中の「格闘代理戦争 4thシーズン」の5月18日に放送された準決勝後に起きた出来事についてK-1が5月21日、会見を開いた

皇治と武尊が前日の「格闘代理戦争」での騒動を謝罪

 今回の格闘代理戦争はK-1ファイターが監督となりチームを結成し、団体戦で優勝を争う形式。準決勝で「TEAM武尊」と「皇治軍団」が対戦し、TEAM武尊が勝利を収めたのだが、その後に武尊と皇治の間で乱闘騒ぎが発生。対戦前の両チームの間で起こったいざこざなども合わせてSNS上で騒動が流布。19日に行われたK-1のファンイベントに参加した皇治と武尊がともに謝罪し、会見で事の経緯を説明するとしていた。

 この日は2人別々に会見に臨んだ。2人は当日の放送後から何度か話し合いを重ね、2人の間で起こった乱闘騒ぎについてはともにプロとして合意点を見出したもよう。また両チームの選手たちに当日舞台裏で起こったことも聞き取り、相手の言い分と合わせて事実関係を精査し、説明した。

 その説明によると試合前にTEAM武尊の橋本実生選手と皇治軍団の松本日向選手が通路で肩が当たったことが原因でつかみ合いとなったが、そこに居合わせたTEAM武尊の岡崎形徒選手と皇治軍団の梅田慎太郎選手が止めに入った。その後にTEAM武尊の冨沢大智選手も駆けつけたが、あくまで当事者以外は止めに入ったもので、SNS上で流布しているTEAM武尊の選手複数で皇治軍団の松本選手に絡んだということについてはともに明確に否定した。

 皇治は「カメラが回っていないところでケンカはあったよう。両方の言い分があって、言った言わないになる。俺の中でケンカは両成敗やと思うから、そこはあまり重要視していない。卑怯なことをTEAM武尊が皇治軍団にしたということはない。俺がお互いの後輩たちに言えることは、カメラが回っていない所でそういうことをすること自体がおかしい。チンピラじゃないんだから。それは目が行き届かなかったというか、しっかり教えなかった俺ら監督の責任でもある。あいつらがこれからプロになって、もっともっとみんなに見てもらえる選手になっていくやろうから、そういうところは気をつけなあかんと思っています」と話した。

 武尊も自分たちの意見を聞いてもらおうとインスタライブをしようとしていた選手たちを「ネットでいう言葉は誰でも書き込むことができるし、ちゃんと伝わらない」となだめたうえで「“本当のことだけ話をしてくれ”と選手たちに言って、それを全部聞いてきた。今日、皇治選手と向こうの選手が言っていることと照らし合わせて、事実だけをみんなに伝えましょうという話でさっきまで話し合いをしていた。さっき皇治選手が言ったことがすべて。SNSではそれと違う情報が流れていた。今日、僕と皇治選手が言ったことがすべてなので、これを信じてもらいたい」などと話した。

 本人たちの乱闘については大会前のあおりで皇治がTEAM武尊の選手たちの髪型やファッションを揶揄したことについて「プロになる前のアマチュアの選手たちにそういうことを言ってしまうと、それがその選手の印象になってしまったりする」などと引っ掛かるものがあった武尊が試合後にマイクを握ろうとした皇治がまたそういったことを言うのではと危惧していたことから、あの乱闘につながったもよう。

 マイクパフォーマンスをやめさせるために皇治を押したことについて武尊は「リングの上から押したのは危険だったと思うし、それについてはどんな理由があってもいけない行為だと思ったので、それは皇治選手に直接謝った」と話した。それに反発して皇治が投げたマイクがロープにリバウンドし武尊の顔を直撃したのだが、皇治も「理由はどうであれ、顔を狙っていないとか、先に手を出した出さないとかどういう経緯があったとしても、俺がしたことは全くの間違いだったし、申し訳ないことをしたと思っている」と自らの非を認めた。また当日、騒動後に2人が最初に顔を合わせた時に皇治が真っ先にマイクを投げた件について謝罪したことを武尊が明かした。

1/3ページ

最終更新:5/22(水) 12:03
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事