ここから本文です

グーグルが旅行事業で目指す未来は? PC版で「Google Travel」が登場、旅行素材を集約、マップ上で宿泊・飲食予約の拡充も

5/22(水) 15:30配信

トラベルボイス

グーグルは2019年5月14日、航空券、ホテル、旅行情報などを横断的に検索できるナビゲーション機能「グーグル・トラベル(Google Travel)」をデスクトップで提供開始した。行き先ややりたいこと、宿泊、航空券など、多岐に渡るプロダクトで構成される旅行の特性に配慮したもの。航空券やホテルの予約、現地情報など、様々なページやサイトを行ったり来たりしながら、効率的に旅行プランニングができる機能を実現した。

同サービスは、昨年モバイル版が先行してリリースされていたが、このほどデスクトップでも同じ機能が利用可能になり、複数デバイス対応が可能になった。日本語版でも一部を除き同等の機能が利用できる。

「グーグル・トラベル」にアクセスすると、地図検索の「目的地」、航空券検索の「フライト」、宿泊検索の「ホテル」、現地情報や天気予報などを集めた「トリップス」、ツアー商品など「パッケージ」といったメニュー項目が一つのページに並んで表示されている。また、グーグル検索トップページで、例えば「東京のホテル」などのキーワードで検索した場合も、同ページが表示される。※「トリップス」と「パッケージ」のメニューは、日本語版では未対応。

昨年から、グーグルアカウントのユーザーであれば、Gメールで受信したホテルや航空券の予約確定の通知が「トリップス」に自動保存されるようになったが、これ以外の予約情報などを、自分で追加・編集する機能も近く加える見通し。

フライトやデスティネーション情報に関する検索履歴や保存ページは、自動的にトラッキングされ、気になってチェックした情報が「トリップス」に蓄積される(グーグルアカウント利用時)。今後、この機能をさらに拡充し、「現地アクティビティ」や「ホテル」も対象に加えていく。一方、自分の検索履歴をトラッキングされたくないという場合は、同機能をオフにする選択肢も用意する。

すでに現地にいる人をターゲットにした新機能では、グーグルマップを入り口とした検索サービスの充実に力を入れている。マップで検索した場所の周辺情報として、「レストラン」「コーヒー」「イベント」などのアイコンを用意。人気のある店や、周辺の名所旧跡などの詳細を順次、追加していく計画だ。今後、数か月をメドに、グーグルマップで検索した場所の周辺にあるホテルやレストランの予約機能も追加していく。

1/2ページ

最終更新:5/22(水) 15:30
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事