ここから本文です

富山空港 4年ぶり 利用者数↑/富山

5/22(水) 10:45配信

チューリップテレビ

 富山空港の昨年度の利用者数がおよそ57万3000人と4年ぶりに増加となりました。
 インバウンド需要の高まりが要因とみられます。

 国土交通省が発表した速報値によりますと富山空港の2018年度の利用者数はおよそ57万3100人で前の年度より9400人あまり増えました。
 増加は4年ぶりです。
 内訳は、国内線がおよそ44万8200人で3200人あまりの増加、国際線はおよそ12万4800人で6200人あまり増えました。
 県では、昨年度雪の影響による欠航が少なかったことや、全国的なインバウンド需要の高まりが要因とみています。
 また、需要増を受け富山と中国の大連を結ぶ便は去年10月に週2便から3便に増便していて、それも数字を押し上げたとみられます。

チューリップテレビ

最終更新:5/22(水) 10:45
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事