ここから本文です

【インタビュー】宇都宮隆が振り返るライブ活動10年の歩み/ TM NETWORKデビュー35周年記念Blu- ray BOXリリース

5/22(水) 18:11配信

トレンドニュース(GYAO)

TM NETWORKのデビュー35周年を記念して、デビューから10年間のライブ映像(作品)を10枚のディスクに収録した総再生時間1000分を超えるBlu-ray BOX「TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994」がリリースされる。

・【ライブ映像】TM NETWORK 「TMN final live LAST GROOVE『GET WILD’89』2019 Remaster」>>

本作には、先日上映会も行われ話題となった1994年5月18、19 日の東京ドーム「終了」ライブ「TMN final live LAST GROOVE」ももちろん収録。「RAINBOW RAINBOW」(5月18日公演)、「You Can Dance」(5月19日公演)と題された2公演を再編集し、オリジナルでは収録されなかった「Get Wild ‘89」(5月19日公演)を本作品用に収録。また、すべての映像に最新のHDリマスタリング/レストア作業を施し、サウンドもリミックスするなど、新たな形でよみがえっている。また、初期TMの貴重なライブ映像を収録した2枚のボーナス・ディスクもファンにとっては垂涎(すいぜん)の内容だ。

そこで今回は、グループのボーカリスト宇都宮隆にインタビューを敢行。当時のエピソードはもちろん、最近のソロ活動について、また彼から見た昭和と平成の音楽シーンについても語ってもらった。

■「一体どういう人たちが、僕らの音楽を聴いてくれるんだろう?」と思っていた

──今回のボックスには、デビューから10年間のライブ映像(作品)が詰め込まれています。振り返ってみて、TMネットワークのライブはどのように進化していきましたか?

宇都宮:ライブを始めて最初の3年くらいは、模索する一方でしたね。当時、3人組というのはバンドとして異色でしたし、僕らがやろうとしていること、つまり「洋楽と邦楽の融合」といったコンセプトを受け入れてもらうまでは、結構大変だったんじゃないかな。「一体どういう人たちが、僕らの音楽を聴いてくれるんだろう?」って。それだけに、プロモーションには力を入れていました。

──「TMN final live LAST GROOVE」のMCでは、プロモーションで地方を回っているときに小室さんと同じホテルの部屋に泊まったエピソードを紹介していましたよね(笑)。

宇都宮:あれは仙台のプロモーションのことを話していたのかな。当時結構な距離を移動しまくってプロモ活動をしていましたからね(笑)。実をいうと、10年間で特に印象に残っているのは今もその時のことなんです。

最初は3人だったり、2人だったりでプロモーションしていたけど、だんだん役割が決まっていって。曲作りには小室くんが時間をかけ、その間に僕が1人でプロモ活動をするということになったんです。まずはリーダーである小室くんの打ち立てたコンセプトがあり、それを僕が伝える役という。コンセプトをちゃんと伝えるためには余計なことは言えないから、後から考えてみるとあまり話してなかった……というか、話せなかった気がする。「ああ、そうですね」みたいな受け答えが多くなってしまったんです。本当はしゃべりたいんだけど(笑)。

──(笑)。今、お話しした東京ドームでの「TMN final live LAST GROOVE」は、先日上映会も行われた本BOXの見どころの一つです。この2日間のライブで印象に残っていることは?

1/6ページ

最終更新:5/22(水) 18:11
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事