ここから本文です

初代「シビック」を彷彿とさせる新型EV「ホンダe」欧州で予約開始

5/22(水) 18:30配信

くるまのニュース

最新技術を数多く搭載した新型「ホンダe」

 ホンダの新型電気自動車「ホンダe」の予約が欧州で開始されました。

 今回専用ウェブサイトでの予約が開始されたのは、イギリス、ドイツ、フランス、ノルウェイの4か国で、ユーザーは予約金を支払うことで、2019年後半より開始されるオーダー時に優先的にオーダーができるとのことです。なお、納車は2020年春の予定となります。

愛嬌のある“顔”が可愛い!ホンダの新型EV「ホンダe」の画像を見る(33枚)

 2019年3月に開催されたジュネーブモーターショーで世界初公開されたホンダe(プロトタイプ)は、シンプルで親しみやすいデザインに、最新のEV技術を投入しました。

 力強いモーターと後輪駆動による走りの楽しさを実現するとともに、航続距離は200キロ以上を達成。約30分で80%まで充電可能な急速充電にも対応しています。

 新開発のEV専用プラットフォームは、コンパクトなボディながらロングホイールベース・ショートオーバーハングを実現し、取り回しの良さと優れた走行性能を両立しました。

 外観は初代「シビック」を彷彿とさせるレトロなデザインで、先進機能としてポップアップ式のドアハンドルやカメラ式のドアミラーなどを取り入れています。

 内装には上質な素材を使用し、ラウンジのような心地良い空間を目指しました。また、直感的かつマルチタスクの操作が可能な大型ディスプレーを採用し、コネクテッドサービスをはじめとするさまざまな機能が利用可能です。

 予約サイトでは、「モダンスチールメタリック」「チャージイエロー」「プラチナムホワイトメタリック」「クリスタルブルーメタリック」「クリスタルブラックパール」の5色のボディカラーが選択できます。予約金は800ユーロ(イギリスでは800ポンド)、日本円で約10万円としています。

※ ※ ※

 ホンダは、2025年までに欧州で発売するすべての四輪商品をハイブリッド、バッテリーEVなどの電動車両に置き換えるという目標を掲げています。ホンダeを欧州市場に導入することにより、同市場での電動化がさらに加速していくものと思われます。

くるまのニュース編集部

最終更新:5/22(水) 18:30
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事