ここから本文です

「自分(王者)が気持ちみせてどうすんだ」木村“フィリップ”ミノル、大逆転の王座防衛で「弱々しいスタイルから抜け出すきっかけに」

5/22(水) 12:28配信

AbemaTIMES

 K-1屈指の人気選手、木村“フィリップ”ミノルが、K-1 KRUSH FIGHTウェルター級王座の初防衛に成功した。

 5月18日の後楽園ホール大会、木村に挑戦したのは近藤魁成。17歳、キャリア4戦目でタイトルマッチという大抜擢だ。アマチュアではK-1甲子園2連覇という実績もある近藤は、序盤から臆せず攻撃。1ラウンドに頭部へのヒザ蹴りを突き刺し、木村からダウンを奪ってみせた。

 想定外の大ピンチに陥った木村だが、そこから試合を立て直したのはさすがだった。左右のフックで反撃すると、1ラウンドのうちにダウンを奪い返し、さらに猛攻を重ねて2ラウンドで逆転KO。いつものような“圧勝”ではなく、窮地をしのいでの王座防衛は、今の木村が持つ底力を感じさせるものだった。試合後、木村は取材陣に次のようにコメントを残し、挑戦者を絶賛している。

「近藤選手は強い。ウェルター級でもトップに入る選手。他の日本人みたいに簡単じゃなかった」

 また木村は「良くも悪くもKRUSHらしい試合になってしまった」という言葉も残している。ダウンの応酬となった激しい試合は、確かにKRUSHらしいものだった。選手からすれば、ピンチの場面があったこと自体が反省材料になる。「(挑戦者ではなく)自分が気持ち見せてどうすんだって感じですけど」と木村は苦笑していた。

 ただ、それを「良くも悪くもKRUSHらしい試合」と表現するのが木村のセンスだ。観客が大熱狂したのは間違いないし、木村自身にも得るものがあったという。

「僕の今までの弱々しいスタイルから抜け出すきっかけになった」

 木村はそう語っている。過去の木村は、勝つ時は一方的に強さを見せるが、攻め込まれ、守勢に回るともろい一面があった。そんなパターンを払拭するという意味でも、今回の逆転勝ちには意味があったのだ。付け加えると、試合直後でそうした分析ができるのも木村の才能だろう。

 リング上では6.30K-1両国国技館大会出場をアピールし、正式決定。21日には公開記者会見で対戦相手はムエタイがベースのクルーズ・ブリッグス(22=オーストラリア)であることが発表された。今年は数多く試合をすることで自分を成長させたいという。それに向けて、近藤戦で「いいスイッチが入った」とも。選手としての完成度は、本人曰く「15%」。今年、この数字がどこまで伸びるのか楽しみにしたい。

文・橋本宗洋

最終更新:5/22(水) 12:28
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事